NEWS

07.01.2016

来日50周年にあたってのポールのスペシャル・コメントが到着!

1966年のザ・ビートルズの日本武道館での歴史的初来日公演から50年。当時を振り返ってのコメントがポールより届きました!

 

 
「何が起きるか全く予想できなかったから本当に面白かった。僕らは日本の文化などまるで知らずに海外からやってきたから。例えば、部屋に入ると、椅子に座っていた女の人達がすぐさま飛び上がるように立ち上がって僕たちに席を譲ってくれる…なんてことに驚いた。西洋の女性達では考えられないふるまいだよね。しかしそれ以上に、公演自体がとても素晴らしかったんだ。日本の観客を見るのはとても楽しかった。日本の観客はとても礼儀正しいだろ。日本人社会はとても礼儀正しくて、僕たちは本当に大好きなんだ。何がすごく面白かったって、みんな僕たちの演奏を楽しんでくれているんだけど曲が終わるまで静かに待ってくれるんだ。曲が終わったら、みんな非常に礼儀正しく拍手してくれる。でもこれは時代が経つにつれて変わって、最近ではみんな海外アーティストの公演に慣れてきているからもっとロックにノッてくれるようになっているかな。でも確かにあのとき僕たちは楽しかったし、観客も同じくらい楽しんでくれていたと思う。とても心が躍る、素晴らしい思い出だよ。」

 

 
“It was very interesting because we didn’t know what to expect. We’d come from the west and didn’t really know anything about the Japanese culture. We were very surprised with things like, you’d go into a room and there’d be women sitting there and they’d jump up and give us their chair. And we never saw that in the west – you know, women don’t do that. But the main thing was the show and it was a great show. It was very interesting to see the Japanese audiences, because then they were very polite. You know, Japanese society is a very polite society and we loved that. It was very interesting to see it. You know, they loved what we did but they waited. They waited until we had finished the song then they clapped very politely. It’s changed over the years, because now people are much more used to western shows and they like to rock out a bit more. But I think we enjoyed it, I think the audience enjoyed it just as much. It was very exciting. Great memories.”
150428_MJ_Tokyo_0858RT1