煽り運転を通報の仕方や通報された場合の対処法!ドライブレコーダーがある場合

絶対に知ってほしい情報まとめ
Free-Photos / Pixabay

煽り運転をされた時の通報方法や通報先

車の運転で最も厄介なのが、いやがらせ・煽り運転・仕返しなどの運転マナーですね。

私も経験がありますが、特に女性が運転する場合、恐い顔をした男性が後ろにくっついて来ていると、ただそれだけで運転を続ける勇気が削がれる事があります。

煽り運転とは、後にピッタリ付いて来るだけではなく、車の前に回って運転を遮ったり、横に付いて幅を寄せて来たりと、いじめているようにしか思えない運転をする事です。

煽り運転は、交通違反であり、場合によっては免許停止を言い渡す事が出来る、大きな犯罪です。

ですから、出来るだけ直ぐに警察に通報して、安全を確保する事が必要でしょう。

通報の方法としては、電話・ドライブレコーディングなどの方法があります。

煽り運転で通報した時に仕返しをされる事はあるか

煽り運転は通報した方が良いと分かっていても、仕返しされるのではないかと心配になる気持ちは分かります。

私の友人も駐車場から煽り運転を通報した時に、相手の運転手が出てきて彼女を罵倒して、車のドアを蹴り、出て来るように迫ってきた恐怖を話していました。

犯人はあなたが一人なのを良い事に、ますます暴力的になる事もあります。

ですが、あなたと同じような以外を他の人に広げないためにも、誰かが食い止めなければなりません。

近くの駐車場に停める場合には以下のような点に十分注意します。

・角や隅に駐車すると良き手を阻まれる危険性があります。

・出来るだけ人目の多い真ん中に駐車します。

・内側から必ずロックをして、冷静に警察に電話をかけましょう。

ドライブレコーダーを使う方法

ドライブレコーダーが2万円前後で買えてしまう時代になりました。

また、カメラを設置しているように見せかけるだけでも、煽り運転を避けられる可能性が高くなります。

2GBだと2時間の録画だったのが、16GBだと16時間も続けて録画出来てしまいます。

煽り運転・盗難意外にもさまざまな場面で役立つドラレコ。

私も今すぐにでも設置したくなります。

レコーダーを使う方法は、車の前方に角度を見て設置するだけでOK。

簡単で、安全を確保するために運転手にはなくてはならないものかもしれません。

煽り運転を予防するには、警察に通報する以外にも後ほどレコーダーを持って報告する事も出来ます。

レコーダーが動かぬ証拠を提示してくれますから、ぜひこの機会に設置を考えてみるのはいかがでしょうか?

煽り運転を防ぐためのステッカーやグッズなどの他の工夫とは?

ドライブレコーダーを設置しなくても、録画していますよ、とメッセージを伝えるだけで煽り運転が減る事があります。

ここでは、おすすめのステッカーやグッズを紹介していきます。

■ドライブレコーダーステッカー各種

『楽天市場』で人気のステッカーはこちら>>>

録画中と伝えるだけですが、煽り運転をする人の気持ちを180度変える事が出来る有能なステッカーです。

■ダミードラレコ

『楽天市場』で人気のダミードラレコはこちら>>>

本物そっくりに出来た、レンズ付きドラレコです。

全く見破る事が出来ない瓜二つの製品の上、コストも本来の10分の1ほどで済むので家計にも優しいグッズです。

■その他のステッカー

ステッカーは良いメッセージになります。

お気に入りのものを探して、相手にメッセージを伝えるのはいかがでしょうか?

煽り運転の罰則

最後に、再度、煽り運転が交通違反である事を強調しておきましょう。

そして、煽り運転を止めさせるためにも、私たちの警告が必要である事を改めて確認しておきましょう。

また、被害に合っている人を見掛けたら、録画してあげるなど協力してあげましょう。

■高速道路における煽り運転

3ヶ月以下の懲役(刑務所行きになるのです!)

または、5万円以下の罰金

違反点として2点以上のマイナス

(注意しても聞かない場合は、罪が重くなる)

■普通道路における煽り運転

5万円以下の罰金や反則金

違反点数マイナス1点

■煽り運転が原因で加害者が怪我または死亡した場合

・15~30年の懲役

・運転免許の取り上げ

このように、重い罪を考えると直ぐに通報して、早く止めさせたいですね。

『警視庁』危険!あおり運転等はやめましょうのページをチェック>>>

コメント