煽り運転を通報の仕方や通報された場合の対処法!ドライブレコーダーがある場合 | 役に立ついいね!情報サイト

煽り運転を通報の仕方や通報された場合の対処法!ドライブレコーダーがある場合

Free-Photos / Pixabay

スポンサーリンク

煽り運転をされた時の通報方法や通報先

車の運転で最も厄介なのが、いやがらせ・煽り運転・仕返しなどの運転マナーですね。

私も経験がありますが、特に女性が運転する場合、恐い顔をした男性が後ろにくっついて来ていると、ただそれだけで運転を続ける勇気が削がれる事があります。

煽り運転とは、後にピッタリ付いて来るだけではなく、車の前に回って運転を遮ったり、横に付いて幅を寄せて来たりと、いじめているようにしか思えない運転をする事です。

煽り運転は、交通違反であり、場合によっては免許停止を言い渡す事が出来る、大きな犯罪です。

ですから、出来るだけ直ぐに警察に通報して、安全を確保する事が必要でしょう。

通報の方法としては、電話・ドライブレコーディングなどの方法があります。

スポンサーリンク

煽り運転で通報した時に仕返しをされる事はあるか

煽り運転は通報した方が良いと分かっていても、仕返しされるのではないかと心配になる気持ちは分かります。

私の友人も駐車場から煽り運転を通報した時に、相手の運転手が出てきて彼女を罵倒して、車のドアを蹴り、出て来るように迫ってきた恐怖を話していました。

犯人はあなたが一人なのを良い事に、ますます暴力的になる事もあります。

ですが、あなたと同じような以外を他の人に広げないためにも、誰かが食い止めなければなりません。

近くの駐車場に停める場合には以下のような点に十分注意します。

・角や隅に駐車すると良き手を阻まれる危険性があります。

・出来るだけ人目の多い真ん中に駐車します。

・内側から必ずロックをして、冷静に警察に電話をかけましょう。

煽り運転の対策グッズ

最近よくニュースでも取り上げられている「煽り運転」。

遭遇された方も結構いらっしゃるかと思いますが、車間距離を詰められたり幅寄せされたり、ハイビームでパッシングされたり無理に割り込んでこられたりと、煽り運電は危ない行為です。

された方はとても恐怖感を覚えますし、最近ではそれだけでは済まず、執拗に追い掛け回されたり罵声を浴びさせられたり、暴力などの事件も絡んだりと凶悪な事件になりつつあります。

そういった煽り運転を受けないためにも、対策が必要とされるようになってきました。

煽り運転対策グッズでメジャーなのは、ドライブレコーダーですね。

自分の運転ももちろんですが、前方や後方をビデオに撮っておくことで、万が一煽り運転を受けた際の証拠として提出もできるので、ドライブレコーダーを取り付ける方も増えてきているようです。

安価やものから高価なものまで販売されていて、録画機能や高画質などレコーダーの機能から商品を選ぶこともできますよ。

ただ、まだドライブレコーダーを取り付けるまでも考えていないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、ダミーのドライブレコーダーも購入することができるのでおすすめですよ。

画質の悪い録画できる安いドライブレコーダーをダミーとして使用するのもよし、マグネットでドライブレコーダーを取り付けている風を装えるダミーも使用してもいいと思います^^

大事なのは、煽り運転について何か対策を講じることです。

通販でもたくさん販売されているので、一度検索してみてはいかがでしょうか。

ドライブレコーダーを使う方法

ドライブレコーダーが2万円前後で買えてしまう時代になりました。

また、カメラを設置しているように見せかけるだけでも、煽り運転を避けられる可能性が高くなります。

2GBだと2時間の録画だったのが、16GBだと16時間も続けて録画出来てしまいます。

煽り運転・盗難意外にもさまざまな場面で役立つドラレコ。

私も今すぐにでも設置したくなります。

レコーダーを使う方法は、車の前方に角度を見て設置するだけでOK。

簡単で、安全を確保するために運転手にはなくてはならないものかもしれません。

煽り運転を予防するには、警察に通報する以外にも後ほどレコーダーを持って報告する事も出来ます。

レコーダーが動かぬ証拠を提示してくれますから、ぜひこの機会に設置を考えてみるのはいかがでしょうか?

煽り運転対策にはステッカーもおすすめ!

煽り運転対策には、車にステッカーを貼り付けるだけでも効果があると言われています。

「ドライブレコーダー搭載車」や「ドライブレコーダー録画中」などと書かれたステッカーを車の後ろに貼り付けるだけでも。『この車には煽り運転しないでおこう』『あまり車間距離を詰めないでおこう』などと煽り運転を抑制してくれる効果が期待されています。

車に直接貼り付けるステッカーだけでなく、マグネットで取り外し可能なものから吸盤型で車内に貼り付けるものもありますよ。

また、文言もさまざまあります。

例えば、「子供が乗っています ※ドライブレコーダーも搭載しています」や、高齢者ステッカーとともに「安全運転しています ※ドライブレコーダー録画中」などといったものも。

ドライブレコーダーを搭載するか迷っている、もしくは搭載する予定のない方は、まず手始めにステッカーを貼ることを検討してみてはどうでしょうか。

煽り運転を防ぐためのステッカーやグッズなどの他の工夫とは?

ドライブレコーダーを設置しなくても、録画していますよ、とメッセージを伝えるだけで煽り運転が減る事があります。

ここでは、おすすめのステッカーやグッズを紹介していきます。

■ドライブレコーダーステッカー各種

『楽天市場』で人気のステッカーはこちら>>>

録画中と伝えるだけですが、煽り運転をする人の気持ちを180度変える事が出来る有能なステッカーです。

■ダミードラレコ

『楽天市場』で人気のダミードラレコはこちら>>>

本物そっくりに出来た、レンズ付きドラレコです。

全く見破る事が出来ない瓜二つの製品の上、コストも本来の10分の1ほどで済むので家計にも優しいグッズです。

■その他のステッカー

ステッカーは良いメッセージになります。

お気に入りのものを探して、相手にメッセージを伝えるのはいかがでしょうか?

煽り運転の心理とは

疑問に思うのが、なぜ煽り運転をしてしまうのか、ということではないでしょうか。

煽り運転をする理由や心理について詳しくみてまいりたいと思います。

まず、煽る理由について。

理由は一言で言うと人それぞれです。

煽ってくる人間も人ですから、そのとき機嫌が悪かった、イライラしていた、体調が悪かったなど、心理的なことから身体的なことまで理由になると思います。

一番思い当たる理由は、「急いでいること」ではないでしょうか。

仕事や待ち合わせに間に合わない、トイレに行きたいなどで急いでいるとき、前に遅い車が走っているとさらにイラついてしまいます。

運転している道は自分だけの道ではありません。

あらゆる人が通っている道です。

しかし、このことがあらゆるフラストレーションを生んでいるということにもつながってしまうんですね。

また、スピードを出して走りたい、上手な運転を見せたいなど、自分の思い通りの運転をしたいと思っている方にも煽り運転をしがちな面があると言われています。

逆に、煽り運転をされた側の心理はどうなんでしょうか。

まずは、恐怖でしかないと思います。

「自分は法定速度も守っているのに」「追突されるのではないか」など、怖い思いをしますよね。

ここで一度申しておきますが、煽り運転はする側は100%悪いです。

煽られた方は被害者に当たります。

このことを踏まえて記述しますが、煽り運転はされた側にも何かしらの要因を作ってしまっているのではないかと思います。

例えば、運転が苦手で急ブレーキ・急発進をよくしてしまうとか、安全運転を心掛けるばかりに速度が遅くなってしまうとか、急にウィンカーを出して曲がるとか、実は危ない運転をしてしまっている可能性も考えられるんですね。

後続車は「前の車が危ないな」と思ったり「急いでいるのにイライラするなぁ」と思ったり、少なからず嫌な思いをしているかもしれません。

だからといって煽るかどうかは別ですが、煽られるきっかけを無意識に作ってしまっている可能性もあることも念頭においておきましょう。

先ほども言いましたが、運転している道は自分だけの道ではありません。

あらゆる人が使っていて、交通規則のもと、車で走っています。

煽る側も煽られる側も、自分本位の運転になってしまわないよう、今一度注意が必要なのかもしれませんね。

煽り運転の罰則

煽り運転に対して何か罰則はあるのでしょうか?

煽り運転は事故にならなくとも、事故になりかねないような非常に危ない運転なので、警察の方々も取り締まりを始めています。

主に「車間距離不保持」「高速道路上における車間距離不保持」といった車間距離に対して道路交通法違法と定められており、検挙されることが多いようです。

しかし、最近では悪質性も高まり、煽り運転が危険であること、そして規制を実効性のあるものとするため、道路交通法だけでなく「暴行罪」による立件も視野に入れていると言われています。

さらに、煽り運転が発端で事故になり、被害者の死傷が加わる場合には、「危険運転致死傷罪」が、故意に事故を起こして被害者が死亡したとなれば「殺人罪」が、といった重い罪を科すべきであるといった意見も多数出てきているようです。

再度、煽り運転が交通違反である事を強調しておきましょう。

そして、煽り運転を止めさせるためにも、私たちの警告が必要である事を改めて確認しておきましょう。

また、被害に合っている人を見掛けたら、録画してあげるなど協力してあげましょう。

■高速道路における煽り運転

3ヶ月以下の懲役(刑務所行きになるのです!)

または、5万円以下の罰金

違反点として2点以上のマイナス

(注意しても聞かない場合は、罪が重くなる)

■普通道路における煽り運転

5万円以下の罰金や反則金

違反点数マイナス1点

■煽り運転が原因で加害者が怪我または死亡した場合

・15~30年の懲役

・運転免許の取り上げ

このように、重い罪を考えると直ぐに通報して、早く止めさせたいですね。

『警視庁』危険!あおり運転等はやめましょうのページをチェック>>>

煽り運転の逮捕基準とは

危険な煽り運転をした人が逮捕される基準や通報するタイミングも解説しておきましょう。

まず、通報するタイミングとしては、なるべく早急な方がいいと言えます。

自分たちだけで解決しようとすると、加害者側が何をしてくるかわからないので、さらに危険な状態になってしまうことも考えられますから、冷静に警察まで通報してください。

通報するには、煽り運転をしてきた車と十分な距離を取り、安全な場所に停車してから通報するか、同乗者がいるなら停車せずとも通報すると良いでしょう。

このとき、警察に正確な状況を伝えなくてはならないので、現在のトラブルの状況、煽り運転をしている車のナンバーや車種、どこを走っているかなどを伝えましょう。

ドライブレコーダーの録画があり煽り運転の証拠を提示できるときは、後日通報してもいいので、そのときの状況やナンバーなどはきちんと記憶しておいてください。

場合によっては、煽り運転をしている人が車から降りてきて脅迫や挑発、暴行までされることも考えられるので、車のロックを必ずして、決して外に出ないで相手にしないようにしましょう。

次に、逮捕の基準となるのは、現行犯の場合と被害者から被害届がなされて証拠となるもの(ドライブレコーダーの録画など)がある場合です。

現行犯でない限り、後日通報したとて口頭での注意に終わるパターンもあります。

そのため、先ほども申したように、後日通報や被害届を出す場合は、確固たる証拠を持参した方が何等かの罰則を与えられる可能性が高まります。

煽り運転は非常に危険で怖い行為です。

煽り運転をする方はもちろんですが、される側も対策を講じたり自分本位の運転をしないようにしたり、みんなが運転しやすいようにしなければなりませんね。

コメント