マイナンバーの郵送方法はレターパックでもいいの?普通郵便だと紛失することがある?

マイナンバーの郵送方法は?封筒でも大丈夫?

金融関係や税金など何かと問われる事がある、マイナンバー

書類を送らなければならない場面もあるかもしれません。

大切な書類を、どのように扱えば良いのか迷うかもしれません。

先ずは、郵便で送る場合、必ず有償郵便で送るようにしましょう。

郵送方法で有償郵便とは以下のようなものです。

・簡易書留

簡易書留で、送る事の利点は確実に届ける事が出来るところにあります。

また、スピーディーに届ける事が出来るので、早く手続きをしたい人にはおすすめです。

・レターパック

簡易書留よりも手軽に安価で出来るのがレターパックです。

追跡して確実に届くのを見る事が出来ます。

レターパックには「マイナンバー」と記載して、重要な書類が入っている事を提示しましょう。

そして、書類を入れる封筒は必ず所定のものを使うようにしましょう。

表記が必要な時には、「マイナンバー」と記載します。

書留、普通郵便、レターパック、特定記録の仕組み

ここでは、郵送方法の違いを見ていきましょう。

■普通郵便

通常の郵便には使いますが、特別な郵送には適していません。

また、誤送や紛失があっても責任を問う事が出来ません。

■簡易書留

本人確認できちんと送る事が出来ますが、送料が高いという点が上げられます。

しかし、確実性という面では最適です。

■レターパック

レターパックライトは専用の封筒で360円~、レターパックプラスは同じく専用の封筒で510円~コスト的にはやや高めですが、追跡してくれる・手渡し(レターパックプラスのみ)・2日以内には届くというメリットがあります。

■特定記録

郵便物を差し出した記録を残す事が出来るシステムで、郵送料の他に160円掛かります。

しかし、届け先では手渡さず、ポスト投函ですから、安全面ではやや劣るかもしれません。

レターパックには2種類ある!レターパックの危険性・紛失性

レターパックとは、A4サイズで全国一律定額で送る事が出来るサービスで、信書も送れます。

レターパックには以下のような2種類のサービスがあります。

■レターパックライト

郵便受けに届けてくれます。

追跡サービスが出来るので、今郵便がどこにいるのかを到着まで確認出来ます。

A4サイズで幅が3㎝、4㎏までの書類を送る事が出来ます。

郵便局に行かなくても、オンラインやコンビニで購入出来ます。

価格は郵送料金込みで、360円です。

■レターパックプラス

手渡し、受領印を受けて届け柄てくれるためライトに比べて紛失や危険が少ないと言えます。

大切な書類をおどけたい場合には、安全性の高いレターパックプラスをおすすめします。

価格は、全国一律郵送費込みで、510円です。

レターパックー本人以外の場合は?

レターパックはその住所の家にいる家族でも受け取る事が出来ます。

会社などの機関ではなく、個人の家にマイナンバーを送る必要がある場合以下のような点に気を付けましょう。

①必ず本人に届くように、「本人限定」などの覚書を添える事

②必ず、追跡番号を相手に知らせて、確実に届くまで追跡する事

マイナンバーは個人情報でとても大切な書類ですから、確実に郵送・受け取りが出来るようにしましょう。

また、内容の部分にはマイナンバーと記入する事で、郵送会社はいつも以上に丁寧に扱ってくれる事でしょう。

しかしながら、お盆の時期や、年の瀬など特に忙しい時期と重なる場合には、レターパックでも紛失が100%ないとは言い切れないかもしれません。

レターパックで本当に大丈夫なのかを心配する場合は、迷わず簡易書留を選びましょう。

マイナンバーのコピーを郵送しても良いのか?

最後に取り上げておきたい事が、ナイナンバーのコピーです。

コピーは以下のような場面で使う事があるかもしれません。

・社会保険の書類に必要な書類を作成する時

・災害対策の書類に必要な書類を作成する時

・税の書類に必要な書類を作成する時

・その他

その他の中には、レンタルショップを始め生活のさまざまな場面での本人確認のための書類が関係している事でしょう。

コピーを渡す時には、事前によく確認して必要である理由を聞きましょう。

店頭で見せるだけでも良い場合が多いため、コピーの必要は理由なしでは渡さないように気を付けましょう。

また、よくあるトラブルですが、コンビニでマイナンバーをコピーしてコピー機に原紙を忘れる事がよくあります。

紛失や漏洩は気が付いたらすぐに連絡してマイナンバーを誤用されないように気を付けなければなりません。

コメント