クールビズの女性の場合の服装はジャケットやカーディガンの使い方は?

スポンサーリンク

女性のクールビズはジャケットなしだとどこまでいいの?

ビジネスシーンで浸透してきた「クールビズ」。

暑い夏は、男性も女性も堅苦しいスーツや制服の代わりに少々涼し気な格好をしようという試みです。

女性の場合、ジャケットを脱いでブラウスにスカート(またはパンツ)というスタイルが多いようですね。

でも、ビジネスの世界では顧客先に訪問したりする場合は正装で行くのがマナー。

特に営業職や管理職に就く女性は、ジャケットは必須です。

ジャケットなしでもOKのシーンは、会社内での事務作業や打合せといった場面でしょう。

ジャケットなしで何を着るのかは、会社の規定もあるかもしれませんが、寒色をメインにブラウスを選び、リボンやフリルなどの装飾は避けます。

肌の露出が高いようなスタイルも好ましくないので、胸元の開いたデザインやミニスカートも避けるようにします。
また、下着が透けてしまうような素材やデザインにも気を付けましょう。

女性のクールビズはスーツだとどんな感じがいい?

普通スーツといえば、黒系のジャケットにボトムというスタイルですが、最近はクールビズの季節になると七分袖のジャケットスーツがトレンドです。

ボトムにパンツを選ぶのであれば、重くなりがちなストレートパンツよりクロップドパンツもいいでしょう。

インナーはさらっとした素材のシルクなどを用いたブラウスやシャツを合わせると涼しげで見た目にもきれいですね。

最近の夏物スーツは、洗濯機で洗えるものがほとんどですので、何着か用意して着用したら毎日洗濯することで、清潔感を失わず仕事ができます。

でも気を付けるのは、やはり色ですね。

クールビズとはいえ、ビジネスの世界にいる間はマナーを守る意味で黒やグレー、ベージュ系の無難な色のスーツを着用しましょう。

女性のクールビズでカーディガンを使えばどんな感じ?

スーツのような硬さが必要ないシーンでは、ブラウスやシャツの上にカーディガンでも構いません。

その場合でも、色はスーツのように控えめにし、モノトーン系で柄もあまり派手なものは避けたいですね。

胸元にワンポイントの刺繍があるくらいに留めておき、中に合わせるインナーは華美でなければプルオーバーでもいいと思います。

自分の職種やその日の活動内容によって、クールビズでもきちんとした服装を心がけるといいでしょう。

動きの多い仕事にはリネンやレーヨンなどの素材のカーディガンに伸縮性のあるパンツを合わせるといいですね。

逆に座る時間の多い日は、同じカーディガンでもボトムには膝丈のタイトスカートを合わせると涼し気なのにキチンと感があって大人の女性の着こなしと言えますね。

女性のクールビズの場合シャツならどんなものがおすすめ?

ジャケットのインナーとしても単体でも着こなせる、首までボタンの閉まるような半袖シャツがおすすめです。

固苦しいような印象かもしれませんが、第一ボタンをはずしてチラッとネックレスをのぞかせるのも女性ならではの着こなしですね。

基本は白無地がベストですが、薄いストライプがあったり、襟元や裾部分だけカラーが違うという控えめな色使いがあるものを選ぶと逆に新鮮な印象を与えます。

この場合にも気を付けるのは、透けて見えないようにベージュ系の下着を着用することです。

ジャケットやカーディガンを脱いだら、シャツから下着の色がうっすら見えるだけで、その人の印象も違ってしまいます。

つい薄い生地のシャツを着たくなる時期ですので、シルクタッチのシャツでもいいでしょう。

もちろん綿素材でも薄手のものがありますので、汗を気にする方には綿がおすすめです。

女性のクールビスの場合ポロシャツはいいの?色はどんなのがいい?

ポロシャツは、どちらかといえばカジュアルな服装です。

しかしクールビズという制度だからこそ、便利なのがポロシャツでもあるのです。

営業マンやホテルの接客業など、お客様相手の仕事であればやはりスーツを着用するべきですが、内勤の方やサービス業に就いている場合は、ポロシャツは動きやすくて最適な服ですね。

色はやはり寒色系の無地が基本ですが、女性ですから淡い暖色系でもいいでしょう。

柄物はあまり好ましくないですが、ワンポイントや薄いストライプなら好感度が増すでしょう。

ポロシャツは襟がポイントですので、きちんとアイロンをかけて折り目を強調するのも大事です。

コメント