冬キャンプの必需品でストーブはいる?寝るときはどうするの?換気もできるテントもあるの? | 役に立ついいね!情報サイト

冬キャンプの必需品でストーブはいる?寝るときはどうするの?換気もできるテントもあるの?

スポンサードリンク

冬キャンプの必需品

ご家族と、友達と、BBQしたり焚火をしたり、最近流行っているキャンプですが、春~秋にかけてお出かけする方が多いかと思います。

実は、意外と冬キャンプも人気なんですよ♪

ただ、冬のキャンプはとっても寒いです。

そんな冬キャンプの必需品を紹介したいと思います。

●テントの中の底冷え対策に!マットやブランケット、毛布を多めに

夏場なら1枚で良かった床に敷くマット、冬場もそれで対応すると、地面からの冷たい空気が肌に伝わり、体が冷えてしまいます。

地面からの冷たい空気を防ぐために、マットは厚めのものを、厚めのものがなければ多めに持っていきましょう。

また、毛布やブランケットも必需品!

これらは必ず忘れないように持っていきたいですね。

●重ね着で寒さ対策を!防寒着

肌着はヒートテックなど、上着は風を通しにくい素材のものを選んで持っていきましょう。

重ね着すると動きづらいかもしれませんが、冬キャンプの寒さを舐めてはいけません!

あたたかい格好でお出かけください。

●防寒グッズも必須!湯たんぽやカイロ、サイトによっては電気カーペットもあり!

あったかグッズとして、湯たんぽやカイロは欠かせない品物ですよね。

あるのとないのでは全然違うと思います^^

サイトによっては電源があるため、電気カーペットをお持ちの方は持っていってもいいですね♪

さて、防寒グッズといえば、皆さんストーブを思い浮かべたのではないでしょうか。

キャンプでもストーブって持っていっても大丈夫なのでしょうか?

冬キャンプのストーブ使用について、次項から詳しく見てまいりましょう!

スポンサーリンク

冬キャンプでストーブは必要?

冬キャンプでストーブは必要なのでしょうか?

キャンプ用のコンロや焚火セット、BBQセットなどを持参するし、それらがストーブ代わりになるから、いらないんじゃないの?とか、火を扱うので何かと危険なのでは?と思う方もいるかと思います。

しかしながら、ストーブはあった方が良いと言えると思います。

やはりコンロなどをずっとつけておくことは難しいですし、正確に使用すれば危険なものではないので、寒い冬キャンプでは持参してもいいと思います!

冬キャンプの必需品にしている方もいるので、ストーブはあった方が良いと言えるでしょう。

電源のあるサイトでは電気ストーブ持参でもOKですし、ファンヒーターだと一酸化炭素も出ないので安心して使えますよ。

他にも、薪で火を起こして使うタイプのストーブもあり、ストーブひとつでもキャンプを楽しめそうですね。

冬キャンプで寝るとき、ストーブはどうすればいい?

冬キャンプでストーブを使用するのはいいものの、寝るときはどうすればいいのでしょうか?

石油ストーブの場合、気を付けたいのは一酸化炭素中毒です。

テントで寝る際、テント内にストーブを持ち込んで就寝すると思いますが、テントの中は空気がこもり、ストーブから発生した一酸化炭素によって中毒に陥り、死に至るケースがあります。

基本的には、テント内にストーブを持ち込むのはおすすめできません。

ただ、どうしても寒いときには、ぐっすり寝込む前にストーブを切ることを忘れないようにするなど気を付けるならば、持ち込んでもいいと思います。

その際、必ず必要となるのは換気。

一酸化炭素の発生は止めることができません。

そのため、発生した一酸化炭素を外に排出する必要があります。

テント内の空気を換気することによって、一酸化炭素中毒を防ぐことができます。

それでは、換気はどのようにすればいいのでしょうか?

冬キャンプでストーブを使うとき、換気は必要?換気のできるテントはあるの?

冬キャンプでストーブを使用する場合、必ず必要なのが換気という作業です。

換気をするには、テントの入り口を開けたままにしておくなどが必要ですが、そんなことをしなくても、換気のできるテントも販売されているのです!

テントの上部と下部にメッシュ素材のベンチレーションがあり、その部分を開けることで、換気が可能となっているのですね。

一酸化炭素は空気より軽いため、上部へとのぼっていきやすいので、特に上部のベンチレーションは重要となります。

また、あると便利なのは、一酸化炭素警報器です。

一酸化炭素が発生し、濃度が一定以上になると、警報が鳴る仕組みとなっています。

この警報器を目安として行動してもいいですし、きちんと換気されているかどうかの確認もできますね。

ストーブを使用するときはしっかり換気を行いましょう!

冬キャンプはストーブなしでも大丈夫?

冬キャンプでストーブを使用することについてお話してきましたが、ストレスなしでも過ごすことができるのでしょうか?

ストーブなしでは寒すぎていてられない!という方が多いと思います・・・^^;

ただ、ストーブなしでも乗り切る方法はあります!

ストーブなしで過ごすための防寒対策はどのようなことをすればいいのでしょうか?

●テントを重ねて使う

2枚のテントを重ねることで、室内を冷たい空気から守ることができます。

1枚で使うよりも2枚重ねた方が比較的あたたかく過ごすことができますよ。

ただ、設営に時間がかかるため、皆さんで協力してテントを立てる必要がありますね。

●マットを重ねて使う

冬キャンプの必需品でもお話しましたが、テント内に敷くマットも重ねて使うと、地面からの冷たい空気を防ぐことができます。

テント内の底冷えを防いで快適に過ごせるようにしたいですね。

●防寒グッズを使う

湯たんぽ、カイロなど、防寒グッズをたくさん併用しましょう。

電源のあるサイトだと、電気カーペットなども活用したいですね。

●上手に着込んで体をあたたかく

薄着も×、着過ぎも×です。

防寒着を上手に着込んであたたかい状態を保ちましょう。

初心者の方にとって、冬キャンプはちょっと上級者向けかもしれませんが、しっかり防寒対策をすれば楽しめると思います。

ストーブを使う際は換気を必ず行い、上手に防寒対策をして冬キャンプをお過ごしください♪

コメント