紀の川花火の2019をSUMMER BALLの口コミから予想!駐車場や穴場、屋台までご紹介! | 役に立ついいね!情報サイト

紀の川花火の2019をSUMMER BALLの口コミから予想!駐車場や穴場、屋台までご紹介!

スポンサードリンク

スポンサーリンク

紀の川の花火大会「SUMMER BALL」2019の場所は?

和歌山県橋本市南馬場にある南馬場緑地公園にて毎年開催される「紀の川橋本 SUMMER BALL」は、「みんなで大いに楽しもう!Let’s have a ball!!」をスローガンとしたイベント。

「紀の川祭り」と「紀の川カッパまつり」が一体となり、毎年8月の第一土曜日に開催されています。

和歌山県下では、マリーナシティの花火イベントに次ぐ人気で、約4万人の来場を見込んでいます。

花火は20時~20時30分の間に打ちあがり、およそ6000発の花火が紀の川の上空を彩ります。

元々は紀ノ川グラウンドにて行われていましたが、ここ近年、南馬場緑地公園にて開催されるようになりました。

こちらは大きな公園で、緑に囲まれた場所です。

近くには紀ノ川も流れ、自然豊かな場所となっています。

ただ、少しアクセスが悪く、最寄り駅は何かい高野線学問路駅で、駅から徒歩20分はかかります。

この駅からは無料シャトルバスが運営されていますが、バスで行っても停留所から徒歩10分ほど歩くなど、歩くことは必須となります。

スポンサーリンク

紀の川橋本 SUMMER BALLの口コミ

和歌山県内でも人気のこの花火イベント、鑑賞した皆さんの口コミを拝見してみました!

●南大阪から来ました。

とても感動したので、毎年行きたいです!

●毎年見事な花火が打ちあがっていると思います。

とても楽しめました。

これらのように、プラスの意見もある反面、

●立地が悪いと思います。

駅からもかなり歩くし、無料シャトルバスを使っても結局歩くことになる。

花火はとてもよかったのに、場所については残念だなと思いました。

など、マイナスの意見も。

やはりアクセスについては不便だと感じている方が多いみたいです。

ただ、多くの口コミで「花火は迫力があって良い!」と書かれていました。

花火自体は楽しめそうですね♪

紀の川の花火イベントでは駐車場はある?

この紀の川の花火イベント、駐車場はあるのでしょうか?

結論、駐車場はあります!

しかし・・・会場までは遠いです。

各駐車場から会場まで徒歩20分はかかります。

この花火イベントでは、無料シャトルバスも運行される予定ですが、このバスを利用しても、10分は歩きます。

せっかく車で行ったのに歩いてばかりじゃん・・・とマイナスに捉えてしまう方には、最初から電車で行って、シャトルバスを使った方がストレスは少ないかもしれませんね^^;

一応、駐車場の場所について紹介しておきますね。

●向副緑地広場(橋本市向副145):600台駐車可能

●橋本市役所(橋本市東家1丁目1-1):200台駐車可能

●橋本市保健福祉センター(橋本市東家1丁目3-1):180台駐車可能

●学問路スポーツセンター(橋本市学問路172-2):100台駐車可能

●県立きのかわ支援学校(橋本市高野口町向島101-3):70台駐車可能

紀の川の花火を見るための穴場スポットはどこ!?

この花火イベントでは有料席は設けられておらず、観覧できるところはすべて無料となっています。

南側の土手上部分が人気の鑑賞スポット♪

他には、会場と紀ノ川を挟んで南側の河川敷も人気^^

レジャーシートやキャンプ用の椅子などを広げている方々もいるくらいですが、両スポットともに場所取りは必要だと思います!!

ただ・・・やっぱり場所取りまでするとなると早めに行かないといけないし、混雑も予想されるので大変ですよね><

穴場スポットはあるのでしょうか?

ずばり、おすすめの穴場スポットは「くにぎ広場」です^^

会場から紀の川フルーツラインという道路を10分ほど走ると、花火と同じ高さくらいの高台が広がったところに農産物直売所があります。

それが、くにぎ広場なんです。

見晴らしも良く、花火も抜群に見えるでしょう♪

紀の川の花火イベントでは、屋台は出店される?

この花火イベント、屋台の出店はあるのでしょうか?

屋台の出店もありますよ!

屋台が出るとお祭りらしさがより出て、盛り上がりますよね♪

出店は16時30分くらいから始まり、地元の飲食店や企業が中心となっているため、定番のたこ焼き、焼きそば、かき氷だけでなく、鮎の塩焼きやひねどりの唐揚げなど、橋本市ならではのグルメも味わえると思います^^

ご当地グルメも味わいつつ、迫力満点の花火も楽しんでくださいね!

関連記事:外せない花火大会情報まとめ~関西~

コメント