年賀状一言添え書きの文例で上司やビジネスのお客様にはどんなものがある? | 役に立ついいね!情報サイト

年賀状一言添え書きの文例で上司やビジネスのお客様にはどんなものがある?

スポンサードリンク

年賀状一言添え書きの文例を紹介!

皆さん年賀状の準備は済みましたか?^^

お好みの年賀状のデザインをご自宅で印刷する方、通販で注文する方、郵便局で購入する方など準備方法はさまざまですが、ただ印刷したものを送付するだけでは少し寂しいですよね。

特に、上司やお客様などビジネス関係や親戚に一言添え書きをしたいところ。

そんな年賀状の一言添え書きについて、文例を紹介していきたいと思います!

まず、どんな内容を書けばいいのでしょうか?

定番の一言と言えば、「旧年中はお世話になりました」や「本年もよろしくお願いします」などのご挨拶から、結婚、出産、就職、転職などの近況報告を書くと良いと思います。

また、今年に向けての豊富なども書くと◎ですね♪

それでは、次項から早速文例を紹介してまいりますね!^^

スポンサーリンク

上司への年賀状一言添え書きの文例

はじめに、上司に対する一言添え書きについて紹介します。

上司には、昨年のエピソードや今年の豊富などを簡単に添え書きしてはいかがでしょうか。

例えば、

「旧年中は○○プロジェクトで大変お世話になりました。

本年も引き続きご指導のほどよろしくお願いいたします。」

「いつも親身なご指導をくださりありがとうございます。

まだまだ未熟ではありますが、本年も頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。」

「昨年はお世話になりました。

本年はさらなる飛躍の年になるよう努力してまいりますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。」

など一言添え書きしてみてはどうでしょうか^^

ビジネスでの年賀状一言添え書きの文例

次に、取引先などビジネスシーンでの年賀状一言添え書きの文例を紹介します。

会社勤めの方は、取引先などに年賀状を送る方も多いのではないでしょうか。

取引先にも一言添え書きしたいですね♪

例えば、

「旧年中は一方ならぬご愛顧いただきありがとうございます。

本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。」

「貴社益々のご発展をお祈り申し上げます。」

「旧年中は大変お世話になりました。

本年も皆様のお役に立てるよう、社員一同さらなる努力をもっていく所存でございます。

本年も引き続きよろしくお願いいたします。」

などがビジネスシーンにはおすすめの一言添え書きですよ^^

お客様への年賀状一言添え書きの文例

ビジネスとなれば、取引先だけでなく、お客様に向けて年賀状を送る方も多いですよね。

お客様に対しても一言添え書きすると、丁寧な挨拶になって、とても好印象を持ってもらえると思いますよ♪

文例としては、

「旧年中はありがとうございました。

本年もご来店をお待ちしております。」

「本年も皆様のお役に立てるよう、一層の努力をもってご厚情にお応えできる努力をしてまいります。」

「寒い日が続きますが、どうぞお体にはお気を付けくださいませ。」

など、添え書きしてみてくださいね。

親戚への年賀状一言添え書きの文例

最後に、親戚への年賀状の一言添え書きについて紹介しましょう。

ビジネスシーンで使う一言よりは、近しい関係の方への一言なので、あまり丁寧すぎず親しい一言を書きたいですね。

文例としては、

「お久しぶりですが、皆さんお元気ですか?

早いもので、長男(長女)も○歳になりました。

また遊びに行きますね。」

「皆さんどのような新年をお迎えでしょうか。

私たち夫婦は結婚して○年になりました。

お忙しいと存じますが、風邪など引かぬようお体にお気を付けくださいね。」

「おじいちゃん、おばあちゃん、元気ですか?

今年はお会いできるのを楽しみにしております。

今年も元気に過ごしてね。」

など書き添えてみてはいかがですか^^

年賀状の一言添え書きはワンパターンになりがちですが、送る相手方とのエピソードや思い出なども交えて書くとより良いと思います。

印刷だけの年賀状ではなく、是非一言添え書きしてみてくださいね♪

コメント