コンビニで糖質制限するならファミマやセブンのランチやおやつは何がおすすめ? | 役に立ついいね!情報サイト

コンビニで糖質制限するならファミマやセブンのランチやおやつは何がおすすめ?

スポンサーリンク

コンビニのおにぎりで糖質制限とは。メリットとデメリット。危険性はあるのか?

皆さん、ダイエットしていますか?

年々気になる自分の体型、年を取るにつれて痩せにくい身体になっていくので、なかなかダイエットって難しいですよね><

しかも、ダイエットにもそのときの流行りがあって、例えば昔流行った「リンゴダイエット」や「寒天ダイエット」など、ダイエットの種類もさまざまあります。

今回は、糖質制限のダイエットについてお話を進めていきたいと思います。

そもそも糖質とは、たんぱく質とならび、私たち人間の身体にとって必要不可欠なエネルギー源のひとつとされておりますが、必要だと言われている分、摂取しすぎると脂肪の蓄積につながり、太ってしまう、もしくは太りやすくなってしまうといったことがあります。

糖質は主に麺類やお米などの炭水化物に含まれており、これらの炭水化物や糖質の含まれる食べ物を制限することで痩せるダイエット方法が「糖質制限ダイエット」と言われているんですね。

そんな糖質制限ダイエットのメリットとしては、無理な食事制限をしなくてもいいことにあります。

これまでカロリーを制限するダイエットでは、お肉を食べてはいけない、お酒を飲んではいけない、野菜しか食べられない食生活、食べるもののカロリーをいちいち気にしなくてはいけない・・・と食事に関してきつい制限がありました。

その反面、糖質制限と言うと、糖質の含まれたもののみを制限すればいいので、野菜のみの食生活ではなく、お肉もお魚も食べることができ、カロリー制限よりも制限の幅が少なく、無理のない食生活を続けることができるんです♪

さらに、個人差はありますが、体重が落ち始めるのも早いと言われています。

このように、ストレスが少なくダイエットができることが糖質制限の利点だとされています^^

ただし、逆にデメリットもあります。

先ほども申しましたが、糖質は人間の身体にとって必要不可欠なエネルギー源。

糖質は主に炭水化物からなるので、その炭水化物を減らす・制限するということは、エネルギー不足に陥り、体調不良や思考力低下を招きかねません。

たんぱく質が豊富な肉類や魚類が苦手な方は、特に身体に必要なエネルギーを摂取することが難しくなるため、痩せるどころかエネルギー不足で倒れてしまうリスクも。

少なからず、糖質制限ダイエットをするにあたって、危険性は考えられるということですね。

また、甘党の方には糖質を制限しなければいけないため、糖分が多いケーキやお菓子類を制限しなくてはいけないので、これがストレスになってしまうことも。

これらのメリット・デメリットから考えると、糖質制限ダイエットをするには、糖質を制限するかわりに、たんぱく質などの他の栄養素できちんとエネルギーを補給できる方が適していると言えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

コンビニのおにぎりで糖質制限ダイエットと低カロリーダイエットの違いって?糖質制限で食べられるものって何?

さて、先ほどからチラッと出てきている低カロリーダイエットですが、糖質制限ダイエットとどのような違いがあるのでしょうか?

詳しく説明したいと思います。

まず、低カロリーダイエットは、人間の消費カロリーより摂取カロリーを食事によって少なくする方法で、糖質やたんぱく質、脂質の人間の身体に必要な3大栄養素のバランスを無視して、カロリーの総量を制限することで減量を行う方法となっています。

実際の摂取量が消費量より少ないため、体重はすぐに落ちます。

ただし、栄養バランスを無視していることが多いため、栄養不足になり、体力が落ちて病気にかかりやすくなったり、はじめのうちは落ちていた体重が筋肉不足によって落ちなくなっていったりといった問題も出てきます。

さらに、食事を極端に少なくしているため、長期間続けると危険ですし、リバウンドの反動も大きいダイエット法となります。

この反面、糖質制限ダイエットとは、糖質が含まれた食べ物を制限する方法で、具体的な数値で言うと、糖質を1日60gに抑えるのみの制限となり、無理な食事制限がないダイエット法と言えるでしょう。

主にお米やパン、野菜に含まれる糖質を制限すれば、お肉なども食べることができ、栄養不足に陥りにくいとも言われていますよ^^

アルコールに関しても、糖質をほとんど含まない焼酎などの蒸留酒なら飲んでも問題はなく、低カロリーダイエットよりストレスの少ないダイエット法であると言えるでしょう。

こう見ると低カロリーダイエットと糖質制限ダイエットは全くの別物であることがわかりますね。

ダイエットはどうしてもストレスがかかります。

その中でも食事を楽しむことができる糖質制限ダイエットは、ダイエットの中でもおすすめかもしれませんね♪

では、糖質制限していても食べられるものって何があるのでしょうか?

先ほどから何度か申していますが、糖質制限ダイエットは、糖質は制限しなくてはいけませんが、たんぱく質など他の栄養素は積極的に摂取しても良く、お米などで摂取していた栄養をお肉などのたんぱく質で補うといったイメージでいればいいと思います^^

お肉はもちろん、お魚も積極的に食べましょう^^

野菜や果物は意外と糖質が多く含まれているものもあり、根菜類やドライフルーツは糖質が多いので避けた方が良いでしょう。

トマトも意外と糖質が多いです。

糖質の低い野菜や果物は、キャベツやレタス、ブロッコリー、ナス、キュウリ、枝豆、大根、アボガド、レモン、ブルーベリーなどですので、積極的に食べたいですね^^

コンビニのおにぎり糖質制限のポイントを解説!

糖質制限ダイエットをするにあたって、何かポイントはあるのでしょうか?

ポイントとしては、無理をしないことです。

どのダイエットでもいえることかもしれませんが、糖質制限ダイエットは殊更「無理をしないこと」が大事です。

「今日は糖質の多いトマトを食べてしまった」と言って、次の食事で摂取量を制限するほど神経質にならなくていい、ということです^^

変な話、ほとんどの食材に糖質は含まれていて、まったく食べずに生きていくということは本当に難しいことです。

糖質制限ダイエットでは糖質を60gに抑えることが前提としてありますが、数字にとらわれず、なんとなく糖質の多い食べ物を把握しておいて、その食材を食べるのを少し控える程度でも、効果はあると言われています。

このように神経質になりすぎず、ゆる~く糖質制限をしながら、他のダイエット法と組み合わせて減量するとさらに効果が得られると言われていますよ♪

例えば、糖質制限をしながら、食べる順番を意識して食事をする方法です^^

最初に食物繊維やミネラルが豊富な野菜サラダから食べ、次にたんぱく質を含むお肉料理、最後に糖質を含む炭水化物のお米という順番が理想で、これらの順番で食べると血糖値が緩やかに上昇するため、体脂肪がつきにくいと言われています^^

糖質制限をしている方で、お米を食べたい方であれば、この方法で最後にお米を食べると、体脂肪がつきにくくダイエットにもいいですね♪

そのお米に関してですが、ダイエットときくと、炭水化物を減らそうとして、お米を抜きがちですよね。

これはお米好きにとっては過酷ですし、少しの炭水化物を摂取することで、血糖値や基礎代謝などのエネルギーが燃え、ダイエットにも効果的であると言われていることもあり、まったく摂取しないわけでもありません。

どうしてもお米を食べる場合は、玄米やもち麦などにシフトするといいと思います。

玄米やもち麦の糖質は、白米と比べてそう変わりはありません。

しかし、玄米は低GI値食品といって、血糖値を緩やかに上昇してくれる食品で体脂肪のつきにくい身体にしてくれる効果があると言われています。

また、もち麦は水溶性食物繊維が豊富で糖質の吸収を抑制してくれることに加えて食べ応えがあるため、ダイエットに適していると言われていますよ^^

もしお米を食べる際は、玄米やもち麦を使用することを検討してみてください★

コンビニおにぎりでダイエットは可能?おすすめ商品を教えて!

前項の最後にお米の話をしましたが、ダイエット中でも食べられるおにぎりを紹介したいと思います^^

これから紹介するおにぎりは、すべてコンビニで購入することが可能です!

早速見ていきましょう♪

ローソン「もち麦入りおにぎり 枝豆と塩昆布」125円、188カロリー、糖質9g

水様性食物繊維が豊富なもち麦と糖質の低い枝豆を使用し、塩味と旨味を兼ね備えた塩昆布で味を引き締めています^^

枝豆もたっぷり使用されていて、食べ応えバツグンですよ★

ローソン「もち麦入り 梅しそごはんおにぎり」125円、172カロリー、糖質8g

こちらももち麦を使用しており、さらに梅ははちみつ漬けにすると糖質が高くなりますが、通常の梅干しだとそこまで糖質は含まれません^^

また、カリカリ梅にきざみ梅、その上種無しの梅を仕込ませた梅の旨味たっぷりのおにぎりで、こちらも食べ応えバッチリ♪

ローソンからはこの2品がおすすめです^^

セブンイレブン「もち麦もっちり!梅こんぶおむすび」120円、149カロリー、糖質4g

カロリーから計算すると、もち麦はどうしても糖質が高めになってしまいますが、このおにぎりは食物繊維がレタス1個分含まれていて、糖質の吸収を抑えてくれる効果が期待されています^^

また、腸内環境を整えてくれたり、コレステロール値を下げてくれたりと、もち麦に含まれている水溶性食物繊維にはさまざまな効果が期待されています。

加えて、梅こんぶの味がきいてて美味しく仕上がっていますよ^^

ファミリーマート「スーパー大麦バーリーマックス入り 枝豆ひじき」125円、193カロリー、糖質3g

スーパー大麦バーリーマックスとは、通常の大麦よりもおよそ2倍の食物繊維を含んでおり、さらにおよそ4倍の難消化性でんぷん、いわゆるレジスタントスターチという食物繊維を含んでおり・・・と、難しい言葉を並べてしまいましたが、要するに、白米に比べておよそ40倍の食物繊維を含んでいる食物なんです(*^▽^*)

レジスタントスターチについては、消化されない食物繊維なので、腸の奥まで食物繊維が行き届き、腸内環境の改善に効果を発揮するのではと言われていますよ^^

糖質の低い枝豆とひじきを用いているので、ダイエットには持ってこいですね♪

さて、4品紹介しましたが、食べ方も工夫すればさらに効果的であると言われていますよ★

それは、「冷えた状態で食べる」こと♪

ご飯にはでんぷんが豊富に含まれていますが、冷やすことによって、難消化性でんぷん、そうです、先ほど紹介したレジスタントスターチに変化するんです!

それに合わせて、冷えたご飯は噛む回数も増やしてくれるので、ダイエットするには冷えたおにぎりが良いと言われているんですね^^

ダイエット中でもお米を食べたい方、コンビニにはダイエット向けのおにぎりも販売されていますので、あたためずにそのままお召し上がりください♪

コンビニのおにぎりダイエットおにぎりのレシピ紹介!

最後に、おうちでも作れる簡単ダイエットおにぎりレシピを紹介したいと思います★

それは・・・しらたきご飯で作るおにぎりです!

まずはしらたきご飯を炊きましょう^^

はじめに、お米2合分を洗って30分ほどザルで放置しておきます。

放置している間に、しらたき540gをみじん切りにし、フライパンで乾煎りしてください。

こうすることでしらたき内の水分が飛び、こんにゃくの独特なにおいも消え、お米ともなじむようになりますよ^^

次に、お米としらたきを混ぜ、炊飯ボタンをぽちっと押してください♪

炊き上がってから軽く混ぜ合わせ、約10分蒸らしてください。

これでしらたきご飯の完成です★

あとは塩少々まぶして海苔で包んで握れば、しらたきご飯のおにぎりが完成です^^

このようにしらたきご飯を炊くことで、白米よりカロリーも糖質も抑えることができ、その上しらたきには食物繊維やカルシウムも含まれているため、通常白米で食べるよりも栄養素が豊富で食べ応えもありますよ♪

アレンジ方法としては、普通に食べるのもよし、このようにおにぎりにして食べるのもよし、糖質の低いレタスと卵と一緒に炒めてレタスチャーハンを作るのもよし、です♪

ダイエットと聞くと、いろんなことが制限されるので、ストレスも増え、そのストレスのせいで痩せなくて・・・と悪循環にもなりかねません。

そこで、楽しく、正しくダイエットするためにも糖質制限ダイエットがおすすめ^^

お米が食べたいときには、コンビニのダイエット向けおにぎりやしらたきご飯でダイエット飯を作ったりして、楽しんでダイエットすることが大切です^^

皆さんのダイエットが成功しますように(*^▽^*)

関連記事

コンビニのおにぎりの消費期限は常温でいつまでもつの?冬は3日過ぎても大丈夫?

コンビニのイートインって持ち込みしてもいいの?勉強するのにちょうどちょうどいい?

コメント