賞味期限切れの納豆はいつまで?白い粒は何?腹痛になる? | 役に立ついいね!情報サイト

賞味期限切れの納豆はいつまで?白い粒は何?腹痛になる?

スポンサードリンク

賞味期限切れの納豆はいつまで食べられる?

皆さんは、納豆は好きですか?

栄養満点で意外と色んな料理に使える上にお手軽な値段で買えるので、冷蔵庫に常備しておく人も多いと思います。

しかし、「この納豆、賞味期限が切れてる!」という事も多いと思います。

賞味期限が切れた納豆は、食べられるのでしょうか?

納豆は納豆菌の力で保存性が高められているので、腐りやすい食品ではありません。

基本的に、賞味期限から1日~2ヶ月程度が過ぎても問題無く食べる事が出来ます。

ただ、それは未開封で冷蔵保存していた場合に限ります。

開封済みで空気に触れた場合や常温で保存していた場合は、腐りやすくなっているので食べるのはおすすめしません。

因みに、納豆は腐ると下記の様になるそうです。

・水っぽくなる ・糸を引かなくなる ・アンモニア臭がする

こうなってしまった納豆は、迷わず捨ててください。

スポンサーリンク

賞味期限切れの納豆に見られる白い粒は何?

賞味期限が切れた納豆を見てみると、白い粒がある時があります。

この正体は、チロシンというアミノ酸が結晶化した物です。

大豆のたんぱく質が納豆菌で分解される時に出来るのが、チロシンです。

チロシンは水に溶けにくい性質なので、長期間の保存で納豆が乾燥してきた時に表面にチロシンだけが残って白い粒になるのです。

カビや異物という訳ではないので、安心してください。

しかし、食感がジャリジャリになる上に苦みを感じる事もあります。

更に、チロシンが出るのはアンモニア臭が出る前ぶれとされています。

食べられない訳ではないですが、匂いや色などを確認してから食べるべきでしょう。

因みに、チロシンが出た状態を納豆業界では『チロっている』と呼んでいるそうです。

賞味期限切れの納豆を消費する為のおすすめレシピ

納豆に限らず、賞味期限の切れた食品は風味や食感が落ちています。

なので、そのまま食べる場合は一工夫するのがおすすめです。

納豆なら、葱・茗荷・紫蘇・卵などを混ぜるのが良いでしょう。

「賞味期限が切れた納豆をそのまま食べるのは抵抗がある・・。」という人は、加熱する料理に使いましょう。

【和風オムレツ】

●材料

納豆・納豆のタレ・卵・大根おろし・砂糖・サラダ油

●作り方

1:納豆・納豆のタレ・卵・砂糖を混ぜる。

2:サラダ油を引いたフライパンを熱して、玉子焼きを作るのと同じ要領で巻いていく。

3:大根おろしを乗せる。

【納豆チャーハン】

●材料

納豆・納豆のタレ・ご飯・卵・玉ねぎ・にんじん・ソーセージ・ウェイパー・塩胡椒・醤油・サラダ油

●作り方

1:納豆・納豆のタレ・ご飯・卵を混ぜる。

2:ソーセージと野菜をみじん切りにする。

3:サラダ油を引いたフライパンを熱して、2を炒める。

4:ウェイパーと1を加えて、パラパラになるまで炒める。

5:塩胡椒と醤油で味を調える。

賞味期限切れの納豆で腹痛を起こす?

ネットで調べてみると、『賞味期限切れの納豆を食べて腹痛・・・』というタイトルのブログ記事が見付かりました。

この記事の投稿者さんは、会社の同僚さんの「納豆なんてもともと腐ってるんだから、賞味期限過ぎたって全然大丈夫だよ!」という言葉を真に受けて、賞味期限が3日過ぎた納豆を食べたそうです。

その結果、腹痛・嘔吐・下痢と40分間以上も戦う事になってしまいました。

個人差は勿論ありますが、胃腸の弱い人は特に注意が必要でしょう。

因みに、会社の同僚さんは「納豆なんてもともと腐ってるんだから」と言ったそうですが、納豆は腐っているのではなく発酵しています。

腐敗と発酵はメカニズムは同じとされていますが、それでも別物です。

簡単に説明すると、人体に有害な状態が腐敗で、人体に有益な状態が発酵です。

コメント