自転車に乗る時ズボンの裾どうしてる?破れたり擦れたりを防ぐには? | 役に立ついいね!情報サイト
スポンサードリンク

自転車に乗る時ズボンの裾どうしてる?破れたり擦れたりを防ぐには?

自転車に乗るとき、ズボンの裾はどうしてますか?

最近ではロードバイクもよく見かけるほど、自転車に乗る方が増えてきていますよね♪

通勤や通学で気軽に使えますし、ちょっと遠くのスーパーまで気分転換がてらにも使える自転車。

ふと、ズボンの裾を見てみたら、擦れて破けていたことや汚れていたこと、ありませんか?

お気に入りのズボンがそうなってしまったらショックですよね。

何故汚れたり破けたりしてしまうのでしょうか?

それは、気付かぬうちに自転車のギアやチェーン、オイルなどに触れてしまったり、自転車で停止しているときに道路についてしまったりしているからなんです。

特に、ガウチョパンツなど裾の広がったズボンだとチェーンやタイヤに巻き込まれてしまって危ないことも。

そこで今回は、自転車に乗るときのズボンの裾について、対処法なども絡めながらお話をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

自転車に乗っていると、ズボンが破れちゃうの?

まず、継続的に自転車に乗っていることで、ズボンが破けてしまうことってありえるのでしょうか?

私も経験済みですが、就職活動の際、ほぼ毎日自転車に乗って最寄り駅まで移動していました。

就職活動も落ち着いてきたころ、スーツをクリーニングに出す際、パンツスーツを確認すると、1着は生地が薄くテカテカになっていて、1着は破れてしまっていました。

もう就活も落ち着きあまりスーツを着ていなかったのでよかったけど、破れたまま着てたのかな・・・と思うといまだにゾッとしますが(;^_^A

両方のパンツのお尻の下の内股から内腿にかけてあたりだったので、ちょうど自転車のサドルも確認したところ、サドルにもこすった傷やテカテカしている部分がありました。

きっと自転車によく乗っていたので、擦れて破れてしまったんだと考えています><

このように、パンツスーツだけでなく、ジーパンでも自転車のサドルに擦れて破れてしまった方も多いようで、自転車に毎日乗る方にとっては大問題となりますよね(^^;

サドルに擦れて破れてしまうことに対して、何か対処法はあるのでしょうか?

自転車に乗ることでズボンが擦れてしまう・・・対処法は?

自転車ユーザーの皆さん、ご安心ください!

対処法はバッチリあります♪

それは、サドルカバーを付けることです^^

ホームセンターや自転車屋さん、現在ではネットショッピングでも購入可能です。

はじめはサドルカバーの感触に慣れていないため、停止するたびにお尻がすべったり、漕ぐときに「カシャカシャ」とサドルのこすれる音が気になったり、サドルカバーといってもクッション性の劣る商品もあるため、あまり快適には思わないかもしれません。

しかし長期的に見て、慣れれば気にならなくなりますし、何といってもズボンがこれだけで擦れて破れなくなると思うと、自転車ユーザーには欠かせない商品になってくると思います^^

はじめは半信半疑でも、よかったら試してみてくださいね♪

ズボンの裾が自転車に巻き込まれないようにするためには

次に、ズボンの裾がチェーンやタイヤに巻き込まれてしまうことを防ぐ方法についてお話していきましょう。

ズボンの裾が自転車に巻き込まれてしまうと、ズボンが汚れたり破れたりする・・・そういった問題だけでなく、自転車の運転に不備が出てこけたりケガしたりしてしまうことにもつながりかねません。

そのため、裾の広がったズボンで自転車に乗るときは十分気を付けなくてはなりません。

自転車にズボンの裾が巻き込まれないための対策として、まずは自転車に乗る際は裾の広がっていないズボンを着用すること、これに限ると思います。

スキニーなどスリムタイプのズボンだと裾口がタイトになっており、自転車に巻き込まれる心配も少なくなりますよね。

ただ、自転車に乗るとき常にそういったズボンを着用しているといったわけではないと思います。

おしゃれして出かけるときやたまたまガウチョパンツなど裾の広がったズボンで自転車に乗るときもでてくるでしょう。

そういったときは、自転車にチェーンカバーをつけておくことも一つの方法です。

チェーンカバーをつけることで、チェーンが外にむき出しになることはなく、ズボンが巻き込まれることもなくなるでしょう。

また、ズボンの裾が広がって巻き込まれないようにするグッズもあります。

カインズでは、「ズボンクリップ」といって、ズボンの裾をマジックテープ付きのバンドで留めることで、ズボンの裾が広がるのを防止し、巻き込まれないようにする商品も販売されています。

商品URLはコチラ→http://www.cainz.com/shop/g/g4977716026869/

参考にしてみてください^^

自転車に乗ってズボンの裾が巻き込まれないようなアイテム、100均でも買うことはできる?

ズボンの裾が自転車に巻き込まれないようにする対策についてお話しましたが、できるだけ安く費用を抑えたいというのも皆さんの本音ではないでしょうか><

先ほどのカインズの商品は税込み498円と、これでもお安い方だと思いますが、100均でも手に入れることができるならうれしいですよね。

100均でもズボンの裾を留めておくようなアイテムはあるのでしょうか?

ダイソーでは、「ワンタッチバンド」という商品があり、色味は蛍光イエローで夜間でも安心なグッズとなっています^^

マジックテープの範囲も広く、ズボンの裾が広めでも使えるんじゃないかなと思います^^

しかし・・・「あんまり蛍光イエローで目立ちたくない」「おしゃれじゃない」「ダサい」といった声もチラホラ・・・(ある気がします・苦笑)。

そういったときは、ズボンの裾を留めるためのバンドを使用するのではなく、他の商品で代用してみるのも一つの手段だと思います♪

100均でも揃えられる商品で、バンドの代用となるのは、シュシュやヘアゴム、バンダナなどは使えると思います!

シュシュやヘアゴムは、皆さんご存知の通りヘアアレンジで使用するものですが、ゴムで伸びるため、ズボンの裾を留めるのにも持ってこいでしょう☆

また、バンダナは結んで使用すればズボンの裾も留められますし、お気に入りの柄で気分もちょっと上がるかも・・・(*^^*)

もちろん、これらのシュシュやヘアゴム、バンダナはズボンの裾のためだけでなく、ヘアアレンジ、お弁当を包むとき、ハンカチとしてなどなど、使う用途はたくさんあるので、100均で購入してもいいしおうちにあるものを使ってもいいと思います♪

このように代用してもズボンの裾を留めることはできるので、自分に合ったもので安心・安全に自転車に乗ってくださいね(^^)/

コメント