りんごの皮に栄養があるっていうけど皮ごと食べていい?農薬の心配は? | 役に立ついいね!情報サイト

りんごの皮に栄養があるっていうけど皮ごと食べていい?農薬の心配は?

スポンサードリンク

スポンサーリンク

りんごの皮には農薬がついているから危険なの!?

「1日1個のりんごで医者いらず」とまで言われているりんご、皮をむいて食べるのが一般的ですが、栄養は抜群といっても作る際に農薬が使われているのでは?それが危険なのでは?と気になっている方も多いのではないでしょうか。

りんごの栽培については、無農薬で作るということは非常に難しいフルーツだと言われるくらい、農薬は必要であると言われています。

実際、国の検査では、りんごの皮に農薬が残っているとされていますが、人間の健康に悪影響を及ぼすものではないと見解が出されているため、必要以上に気にする必要はありません。

農薬が残っているからといって危険ではないので安心してくださいね。

どうしても心配だという方は、残留農薬除去剤でりんごをよく洗ってから召し上がってくださいね。

また、スーパーや八百屋でも売られているのを見かけますが、たまに白い粉のようなものを付着していることもあります。

これは農薬がついているということなんでしょうか?

この白い粉のようなものは、人間には無害な天然物質です。

りんごが自分自身で出す「ブルーム」という物質で、りんごそのものの水分蒸発を防ぎ、果実の病気などを防ぐようにしていつでもフレッシュに保つためのものなんです。

なので、こちらも特に危険ではないのでご安心を。

スポンサーリンク

りんごは皮ごと食べられる?何か注意は必要なの?

りんごの皮には農薬が残っていること、人間に危険はないということがわかりましたが、皮ごとりんごを食べることは可能なのでしょうか?

皆さん、こちらもご安心を!

皮ごとりんごを食べても特に問題はありません^^

日本の残留農薬の基準としては、1ppm以下というように、世界の中でも低い水準を保っており、りんごの皮10キロを食べないと危険量に達しないので、1日1、2個を皮ごと食べても問題はないのです。

皮ごとりんごを食べるときの注意点としては、よく水で洗ってから食べることです。

もし残留農薬が気になるときは、農薬も落とせる野菜や果物用の洗剤を使用すればいいでしょう。

また、輸入品のりんごに関して言えば、日本で禁止されている農薬が使われている場合もありますので、いつもより念入りに洗ったり洗剤を使ったり、もしくは皮ごと食べたいときは国産のものに限ったりして食べてくださいね★

りんごの皮がベタベタしているのは何故?

たまにベタベタしたりんごを見かけることもありますよね。

なんだか皮の表面がテカっていてぬめりがある、これは大丈夫なのでしょうか?

これは、りんご自身が出している物質のせいなんです!

「リノール酸」や「オレイン酸」といって、水分蒸発による乾燥を抑制するための物質で、りんごの品種で言うと、つがるやジョナゴールドに多く見られるものです。

この「リノール酸」や「オレイン酸」が出ているりんごは食べても大丈夫なのでしょうか?

こちらも人間には影響がありません。

というか、むしろ「リノール酸」や「オレイン酸」などの栄養素は悪玉コレステロールの減少について注目されている不飽和脂肪酸と言われるものなんです。

食べても問題はないのでご安心を^^

そして、りんごに関して言えば、ベタベタしているものは食べたくないと思いがちですが、りんごが熟して美味しい証拠ともいえるので、気にせず召し上がってください♪

りんごの皮がテカテカに見えるのはワックスがかかっているから?

ベタベタだけではなく、ワックスがかかっているようにテカテカに見えるときがありますよね?

これ、実際にワックスがかけられているからなんでしょうか?

いいえ、決してワックスをかけているわけではありません!

これも、実はりんご自身が出している物質のためなんです^^

このようにテカテカにしておくことで、乾燥を防ぎ、果実から水分を出ないようにしているんですね^^

もしりんごが乾燥して水分が抜けてしまうと、りんごの旨味や水分が落ちて、りんごを美味しく食べることができないため、自分自身で美味しく保てるようにしているんです^^

保護膜もりんごから出せるなんて、りんごってすごいですね!(*^▽^*)

テカテカの状態で食べられないというわけでもなく、美味しい目安ともなるので、食べることについて問題はまったくありません♪

安心して食べてくださいね!

実は、りんごの皮には栄養がたっぷり!

りんごの皮に残った農薬やテカテカの正体などについてお話してまいりましたが、りんごの皮自体に何か良い栄養分は含まれているのでしょうか?

結論から申しますと、はい、たくさんの栄養素が含まれていますよ!

りんごの栄養素の中でも重要なものとして、ポリフェノールがあるので、そちらを中心に紹介しますね♪

①プロシアニジン

りんごの中で一番多く含まれている抗酸化作用の高いポリフェノール成分です。

抗アレルギー作用、抗がん作用、コレステロールや中性脂肪の減少作用、虫歯の予防、メラニン生成を抑制、育毛作用、白内障予防、美白効果など、たくさんの働きがあると言われています。

健康にも美容にも良いことがわかりますね^^

②エピカテキン

こちらも抗酸化作用の高いポリフェノール成分で、血中コレステロール濃度の上昇を抑えてくれたり、腸内の悪玉菌増加を抑えてくれたり、インフルエンザウイルスの活性化を抑えてくれたり、虫歯や歯周病予防、食中毒予防、ピロリ菌の除去などの効果があると言われています。

りんごを食べれば医者いらずというのもわかるくらいの効果が期待されていますね^^

③アントシアニン

こちらのポリフェノール成分は聞いたことのある名前だと思います^^

ブルーベリーにも含まれている成分として有名なアントシアニンですが、こちらは視力改善や眼精疲労の予防、白内障、緑内障などの病気の予防など、目に関する健康に効果的だと言われています。

これらポリフェノールは健康や美容に関する効果が期待されていることがわかりますね^^

また、水溶性食物繊維のペクチン、カリウムであるミネラルも豊富に含まれています★

ペクチンにはデトックス効果、悪玉菌の抑制、コレステロールの低下、血糖値上昇の抑制、整腸作用、内臓脂肪分解の補助、疲労回復、抗がん作用に、カリウムには余分な塩分の排出、利尿作用、むくみ解消、高血圧や動脈硬化の予防に効果があると言われています。

このように、いつも向いて捨てていた皮にも、体に良い栄養分が含まれていることがわかりましたね♪

りんごを食べる際、たまには皮ごと食べてみるのもいいかもしれません(*^^*)

コメント