ホットサンドのお弁当の包み方や詰め方は?しなしなにならない方法は?

絶対に知ってほしい情報まとめ

弁当箱に入れてホットサンドを持って行く時に注意する事は?

ホットサンドとはパンに色々な食材を挟んで焼いたもので、電気式と直下式のホットサンドメーカーがありフライパンでも作る事が出来ます。

お弁当にホットサンドを持って行く場合は、密封性の高すぎる弁当箱は湿気が多くなってしまいますので使わないようにします。

プラスチックの弁当箱より紙製のランチボックスがおすすめで、100円ショップで販売されている物もあります。

紙製のランチボックスはある程度の通気性がありますので、湿気をよせつけずにホットサンドを美味しく食べる事が出来ます。

弁当箱などに温かいまま入れてしまうと傷みやすくなりますので、パンと具材を良く冷ましてから入れるようにします。

ホットサンドにはマヨネーズやバターが使われていますので、特に傷みやすく注意が必要です。

ホットサンドの上手な包み方と詰め方は?

弁当箱などにホットサンドを詰める際には、そのまま入れてしまうと具材が出てしまう事がありますので注意が必要です。

サランラップやワックスペーパーで、ホットサンドを1つずつ丁寧に包んで詰めると具材の出てしまう心配がなくなります。

食べる時にはそのまま持って食べる事が出来ますので、手軽で手を汚さずに済みます。

ワックスペーパーはホットサンドを簡単に包む事が出来、可愛いデザインや色んな柄の物もありますのでとても華やかになり弁当に最適です。

薄いワックスペーパーでホットサンドを包んで細い紐で縛ると、具材がこぼれにくく見た目もとてもおしゃれです。

ホットサンドを包む時にはあまり力を入れずに優しくふんわりと包むようにすると、形が崩れずきれいに包む事が出来ます。

冷めても美味しく硬くならないホットサンドは?

ホットサンドは焼き立てが美味しいと思われていますが、冷めても歯ごたえがあり満足感があって美味しく食べる事が出来ます。

食パンをポケット型に切って具材を詰める卵ときゅうりのホットサンドは、食べる時にこぼれにくくきゅうりがさわやかで夏におすすめです。

硬くならないホットサンドにはハムマヨチーズ、キャベツと卵とウインナー、ポテトサラダ、ベーコンとツナがあります。

ハムマヨチーズホットサンドは、食パンにマーガリンを塗りサラダ菜、とろけるチーズ、ハム、マヨネーズ、パンを乗せてホットサンドメーカーで焼いて作ります。

ベーコンとツナのホットサンドは、ベーコン、ツナをピザソースとマヨネーズと一緒に挟んでホットサンドメーカーで焼いて作ります。

ホットサンドがしなしなにならない方法は?

パンにマーガリン、バター、マヨネーズ、マスタードなどを隅々まできちんと塗る事で、パンに水分がしみ込むのを防いでくれます。

パンにきちんとマーガリンなどを塗る事で時間が経ってもしなしなにならず、出来上がった時のホットサンドを食べる事が出来ます。

水分の多い野菜は時間が経ってしまうと水分がパンに染み込んでしまい、焼いたパンがしなしなになってしまいますので使わないようにします。

どうしても使いたい時には、野菜の水分をキッチンペーパーなどで拭き取ってから使うとパンがしなしなになるのを防ぐ事が出来ます。

ホットサンドを焼いた後は、網の上で良く冷ましてから包むとパンのカリカリ感を長持ちさせる事が出来ます。

皿の上で冷ましてしまうと下の方がしなしなになってしまいますので、網の上で冷ますようにします。

簡単に出来るホットサンドのおすすめ中身にはどんなものがあるの?

ドライトマトのお弁当ホットサンドは、パンにマヨネーズを塗りドライトマトととろけるチーズを挟んでホットサンドメーカーで焼いて作ります。

チーズの塩味とトマトのうまみが美味しく、ドライトマトを使っていますので時間が経っても美味しく食べる事が出来ます。

お弁当クロックムッシュは中身がハムとチーズだけシンプルですが、味がなじんだ頃に食べるととても美味しいホットサンドです。

トマトドライカレーホットサンドは、ドライカレーの水分を良くとばしてからチーズと一緒に挟んで作ると食べる時に具がこぼれにくくなります。

具沢さんの卵焼きホットサンドは、キャベツ、ピーマン、ニンジンなどの野菜を多く入れて卵焼きを作りますので彩がとても綺麗です。

コメント