製作開放席の倍率はキンプリやnews,キスマイでどれぐらいなの?嵐やjumpはもう無理?

絶対に知ってほしい情報まとめ
thekaleidoscope / Pixabay

thekaleidoscope / Pixabay

スポンサーリンク

嵐、jump、カウコンの制作解放席の倍率は高いの?

ジャニーズのコンサートチケットの購入方法の一つに「制作解放席」があります。制作解放席は、公演直前に増設される席だったり、転売などの違反が発覚して無効になった席だったり、クレジット支払いの手続きが完了しておらず、キャンセル扱いになった席だったりします。この制作解放席は、さまざまな方法でチケットを手に入れることができなかった人の最終手段でもあるのです。制作解放席の案内はメールで届きます。その対象となるのは、各会場のチケット申し込みの落選者の中から抽選で届きます。嵐、jump、カウコンなどそれぞれどれくらいの倍率になっているのか気になるところです。制作解放席の倍率は公表されていません。しかし、チケット自体抽選になるうえ、制作解放席の案内メールが届くだけでも抽選なので、かなりの高倍率になっていることは間違いないです。

制作解放席の案内メール、当選メールはいるくるの?

制作解放席の案内メールは、各会場の初日5日前のお昼12時ごろに届くことが多いです。チケットは手に入らず、制作解放席の案内メールを待っている方はこの日を目安にするといいです。制作解放席を申し込む際は、氏名、連絡可能な電話番号、ファンクラブ会員番号、クレジットカードの情報の入力が必要になります。また1つの案内メールに対して、2枚まで申し込むことができます。この際、同行者の氏名、電話番号も必要になります。当日は同公社の本人確認もされますので、同行者の変更も無効になってしまうので、申し込む際は注意して下さい。当選者はメールで確認もできますが、会員サイトの抽選結果でも確認ができます。当選メールは公演前日の夕方となています。大体18時ごろになることが多いです。制作解放席はこのような流れで手に入れることができます。コンサートのチケットは手に入らなかった場合もギリギリまであきらめず、予定を開けておくほうがいいみたいですね。

制作解放席の落選者には落選メールが届くの?

制作解放席は当選者のみのメールでのみ案内があります。当選メールといわれているものです。落選者への案内は全くありません。いつ当選メールが届くのか気になりますよね、当選メールは開催日前日の夕方と案内されています。当然、夕方って何時?となりますね。当選メールは大体18時ごろに届いています。20時を過ぎても当選メールが届かなかった場合は、残念ながら諦めるしかないですね。また、当選メールの前に制作解放席を知ったという方もいます。制作解放席を申し込み際、クレジットカードの情報を入力するので、クレジットカードの支払い連絡で当選メールより先に知った方もいます。

制作解放席に入るには、本人確認は厳しいの?

制作解放席に入るには、当選メール、顔写真つき身分証、ファンクラブ会員証の3つが必要です。同行者の場合、ファンクラブ会員でなければそれ以外に2点で本人確認されます。本人確認のうえ、チケットが引き換えになります。
入場のための列はいくつもありますが、制作解放席用のチケット引換列があります。その列に並んで、ようやく入場できることになります。ここでは本人確認、チケット引換を一緒に行うので、なかなか列は進みません。そのため、チケットを受け取る2~3組前で軽く身分証をチェックされたうえ、チケット引換となります。ここで、きちんと本人確認3点セットを見て、当選者リストから名前を見つけ、ようやくチケットを手に入れることができるのです。

制作解放席の本人確認には保険証はダメ?顔写真付きのものがいるの?

一般的に本人確認に使うものの一つに健康保険証があります。ジャニーズの制作解放席に入る場合は、顔写真つきの身分証でないとダメなのです。そのため、運転免許証などと使う方が多いです。顔写真つきのものであれば、学生証、会社の身分証などでも可能です。制作解放席は1つの案内に対して、2枚までのチケット購入が可能です。同行者がいる場合は、同行者にも同じように顔写真つきの身分証が必要となります。本人、同行者いずれも本人確認するものがなければ、チケットは2枚とも無効になってしまうので注意して下さい。

コメント