マイナンバー(個人番号カード)を申請してない人がスマホで申請にかかる期間や写真の撮り方

絶対に知ってほしい情報まとめ

スポンサーリンク

マイナンバーの申請

平成27年10月以降、マイナンバー制度が始まりました。

マイナンバーとは、国民一人一人が持つ、12桁の番号の事です。

この制度を始めて、手続きや効率が良くなったと言われています。

ところで、マイナンバー制度の後、個人番号カードという写真入りのカードを申請する事が任意で始まった事をご存じだったしょうか?

任意なので、やり方がよく分からないお年寄りの方や、時間がないという理由で、まだ申請していないという方も多いかもしれません。

今回は、このマイナンバーカードの申請に注目していきます。

申請の仕方は意外に簡単ですし、カードを持っているとメリットもたくさんあります。
ぜひこの機会に、マイナンバーカードを作られるのはいかがでしょうか?

申請idが必要だけど申請idって何?

マイナンバーを申請するのに申請idが必要になってきます。
では、マイナンバーと申請idとは何が違うのでしょうか。

マイナンバーは通知カードに表示されている個人番号になります。
申請idとは通知書カードの下に個人番号カード交付申請書の上の部分(通知カードと切り離してない場合は通知カードと申請書の間のあたり)に申請idが記載されています。

通知カードがあれば申請idはすぐにわかります。

マイナンバーの申請idがわからないときは?

通知カードを紛失してしまって、申請idがわからない場合は再発行の手続きが必要になります。
再発行を申請して再交付されるまで3週間ほどかかります。

また、再交付手数料が発生します。
各市町村によって手数料が違うこともありますが平均して1件500円前後です。

家族全員の申請idを再発行する場合は×人数分になります。

もしも、通知カードを家の外で紛失した場合は、再発行手続きの前に警察への届け出が必要になります。

マイナンバーをスマホで申請するために掛かる期間や場所

マイナンバーカードを申請するために、掛かる期間は、おおむね1~2か月となっています。

また、カードを申請するには、市役所以外にも気軽に申し込みが出来るように待っています。

■郵送による申請

マイナンバーカードの申請票をプリントアウトして、記載したら、デジカメなどで取った顔写真を送付して郵便で送ります。

■スマホで申請

スマホでも写真を写して、フォームに添付するだけで申請が出来ます。

この方法が最も簡単で、早いかもしれません。

■パソコンから申請

申請のフォームをダウンロードして記載し、顔写真を添付して送ります。

写真はデジカメで撮ったものを使う事が出来ます。

出来上がったカードは指定の市役所で受け取る事が出来ます。

マイナンバーに必要な写真やサイズ

マイナンバーカードに使用する顔写真について見ていきましょう。

■サイズ

縦4.5㎝×横3.5㎝で、肩から上がハッキリ写っている物を使う事が出来ます。

■条件

・背景は無地でなければなりません。

・また、メガネや前髪は顔を隠さないように取り外すか、サイドに寄せます。

・必ず6か月以内に撮影されたものを使うようにしましょう。

・白黒・カラーを問いません。

■免許証と同様に、歯を見せないようにまっすぐ前を向いた写真を使います。

■写真を転送で送る場合は、写真の裏に氏名・生年月日を記載します。

■パソコンやスマホで写真を撮る場合

・ファイル形式 jpeg

・RGBカラー

・20KB ~7MB

・幅480~6000ピクセル × 高さ480~6000ピクセル

マイナンバー用の写真の服装、お化粧、髪型について

写真を自撮りする事に慣れていない方でも大丈夫です。

次のポイントが抑えられていれば、申請が通ります。

■服装

基本的にはどれでも良いですが、濃い色で、柄の少ないものが写真写りが良くなります。

顔全体と首が写真の真ん中にバランス良く入っているように撮りましょう。

■化粧

通常の化粧にしましょう。

■髪型

前髪が顔に掛からないようにサイドに分けるか、ピンで留めます。

では、マイナンバーカードの利点を上げてみましょう。

①住民票など市役所に行く必要があった書類が、コンビニで申し込めます。

②IDが必要な場面で、運転免許証の替りに使う事が出来ます。

③パスポートや銀行の開設などが簡単に出来ます。

④行政手続きのオンライン申請に使用出来ます。

マイナンバー用の写真は自撮りでも良い?

マイナンバーカード用の写真は、デジカメやスマホで自撮りするか、フォトショップで証明写真を撮ってもらう事が出来ます。

最後になりましたが、マイナンバーカードの写真で以下のようなものは受け付けてくれませんから気を付けましょう。

①顔が横向きや斜めになっているもの

②背景が無地でないもの

③化粧が異なり、いつもの顔と著しく異なるもの

④背景に影が写っている

⑤帽子やサングラスで顔の大部分が覆われている

⑥ピントが合っていない

⑦笑っている

写真のカラーやサイズには、前述のように規定に幅があり、少々の直は出来ます。

しかしながら、上記のような写真では、証明写真として受け付けてもらえず、写真の送り直しを求められ手続きに時間が掛かる可能性がありますから気を付けましょう。

■下記の記事もオススメです▼

マイナンバーの郵送方法はレターパックでもいいの?普通郵便だと紛失することがある?

マイナンバーカードを使ってコンビニで戸籍謄本や住民票、印鑑証明は取れるの?

マイナンバーの確認書類とはどんなものが必要?本人確認が保険証しかない場合は?

マイナンバーの通知カードを結婚して氏名変更するのを忘れたらどうなる?

マイナンバーのカードの写真の背景やサイズが小さい時は更新時に変更できるの?

マイナンバーと住民票コードの違いって?赤ちゃんの住民票コードは変更するの?

マイナンバーを紛失した場合どうする?悪用されない?会社に報告は必要?

マイナンバーの受け取りの期限切れの場合はどうする?土日に予約することもできるの?

マイナンバーの住所変更の手続きで代理人が妻の場合の委任状の書き方は?

マイナンバーを申請してない人がスマホで申請にかかる期間や写真の撮り方

マイナンバーの郵送方法はレターパックでもいいの?普通郵便だと紛失することがある?

更に詳しい情報を知りたい方はこちら▼

【マイナンバー総合サイト】地方公共団体情報システム機構はこちら>>>

コメント