進学祝いの相場は?大学、高校、中学それぞれいくらぐらい?プレゼントを渡すなら?

絶対に知ってほしい情報まとめ

スポンサーリンク

中学、高校、大学の進学祝いの相場は?

贈る相手が自分から見てどんな関係にあるかによって進学祝いの金額は異なりますが、地域差はあまりないようです。

祖父母が贈る場合は内孫か外孫によって多少金額は変わる事もありますが、中学では10,000円〜20,000円になります。

高校と大学では合格祝いも兼ねていますので、10,000円〜30,000円になり年齢とともに進学祝いの金額も少しずつ上がっていくようです。

親、兄弟が贈る場合は中学、高校、大学ともに10,000円が相場になり、叔父、叔母や普段交流がある親戚からは金額に幅が出るようです。

贈る側の年齢が30代か40代によっても金額が変わり、面識のあまりない叔父、叔母の場合は気持ち程度になる事があるようです。

親戚では贈る子供への関わり具合や贈る側の年齢によって異なり、遠い親戚でも交流があり年齢が高い場合は金額も上がるようです。

親の知人の場合は、中学が3,000円〜10,000円で高校、大学は5,000円〜10,000円になり最高でも10,000円程度が相場になります。

のし袋の書き方と他に注意をする事は?

進学祝いを贈る場合は紅白水引ののし袋を使用し、お祝いの金額にあった物を使うようにします。

水引の結び目が蝶結びの物は、何回も結び直す事が出来ますので何回あってもうれしい時の祝い用に使用します。

お祝いの金額が10,000円以下の場合は水引が印刷されているのし袋を使用し、20,000円〜30,000円の場合は紅白の水引が付いたのし袋を使います。

販売されているのし袋の裏側に金額が記載されていますので、購入する時に確認してから選ぶと安心です。

表書きは入学御祝、祝御入学、御入学御祝などが一般的になり、下の部分に贈る側の名前を書きます。

裏側に金額が記入する箇所がある場合は贈る金額を記入し、お札は新札で表向きに中へ入れるようにします。

進学祝いの場合は、4と9のつく金額はあまり良くない事を連想してしまいますので避けるようにします。

進学祝いを渡す場合は、入学式の2〜3週間前か遅くても入学式の前に渡すようにします。

進学祝いに喜ばれるプレゼントは?

中学生に喜んでもらえるプレゼントでは、電子辞書、腕時計、財布、定期入れ、カバン、リュック、自転車などがあります。

高校、大学生のプレゼントランキングでは、1位がブランドペンケースでオロビアンコ、ステッドラー、モンブランが人気で学校での授業や講義の際に持ち運びが最適です。

2位はボールペンで、パイロットやパーカー、ミキモト、ウォーターマンが人気で長く使う事が出来ますので新たな一歩を踏み出す時のお祝いにおすすめです。

3位はブランド手帳で、ファイロファックス、プラダ、フランクリンプランナー、グッチが人気でスケジュール管理が大変になる大学生に喜ばれる贈りものです。

4位は万年筆で、パーカー、モンブラン、クロスが人気で大人になってからも使い続ける事が出来る贈り物です。

5位はブランド定期入れで、コーチ、バーバリー、ドルカバが人気で電車やバスを利用する人に喜ばれます。

進学祝いのメッセージの例文は?

中学生では、中学入学おめでとう!中学での新しい生活は何かと忙しくなると思いますが、充実した3年間になる事を祈っています。

中学入学おめでとう!新しい生活に慣れるまで大変だとは思いますが、体に気をつけて勉強、運動に頑張って下さいなどがあります。

高校生では、高校入学おめでとう!自分の希望した高校で夢がかなえられるように、楽しい高校生活を過ごして下さい。

高校入学おめでとう!新しい友達と出会って、素敵な高校生活が送れる事を祈っています。

高校入学おめでとう!高校生活は長いようで短いものですので、時間を有効に使って自分の進む道を見つけて下さいなどがあります。

大学生では、大学入学おめでとう!遠い場所での新しい生活がはじまりますが、体に気をつけて大学生活を楽しんで下さい。

大学への入学おめでとう!難関を突破した大学で将来に向かって無理をせずに進んで行って下さいなどがあります。

コメント