送別会のプレゼントで男性の場合の20代~50代までの年代別で5000円以内のおすすめをご紹介!

【見逃し厳禁!】お得情報
SpencerWing / Pixabay

SpencerWing / Pixabay

スポンサーリンク

20代男性へのプレゼントのおすすめは?

20代の男性へのプレゼントの候補としては、「名刺入れ」「ネクタイ」「ハンカチ」「ボールペンセット」などがあります。

20代というと、仕事上の課員~主任クラスであり、異動・転勤または転職による送別会が想定されます。

次の職場でも活躍できるよう、また新たな気持ちで踏み出せるようなアイテムが喜ばれます。

オフィスで使えるアイテムもよいですが、日常的に使用できるもので、自分ではなかなか買わないもの、少し良いものを贈るとよいでしょう。

数年間は使えるであろう消耗品といったところでしょうか。

持っていると、印象がアップするようなアイテムであるとなおよいですね。

候補として挙げたものは、いずれも5000円以内で比較的良い素材の、良いデザインの商品を選ぶことができるものです。

30代男性へのプレゼントのおすすめは?

さて、30代になると、20代のときとライフスタイルが変わりますし、社会人としてある程度落ち着いてくる年代です。

20代と同じく、異動・転勤または転職による送別会が想定されますが、プレゼントの候補として「ネクタイ」「ハンカチ」「万年筆」を挙げておきます。

先に挙げたものと共通するものもありますが、30代の男性は仕事上、一定の責任ある立場として、プロジェクトのメインとなる年代です。

仕事において、日常的に使用できるもので、かつ仕事においてもキラリと光るアイテムがあるとよいですね。

そこで追加したものが「万年筆」です。

仕事上の客先との打合せで、少しいい万年筆があると、本人のモチベーションアップにもつながります。

40代~50代男性へのプレゼントのおすすめは?

40~50代になると、管理職である人が多くなります。

転職での送別会というのは少なくなってきますので、多くが異動・転勤による送別会となります。

プレゼントの候補として、「ネクタイ」「ネクタイピン」「ハンカチ」「万年筆」を挙げます。

サラリーマンであれば、スーツにネクタイは定番のスタイルですが、「ネクタイピン」を付けるだけで、全体の印象として締まった印象になり、貫禄もでます。

目安としている5000円であれば、シンプルかつ洗練されたデザインのものを選ぶことができます。

普段付けているネクタイに合うような「ネクタイピン」のプレゼントもよいのではないでしょうか。

候補としていくつかあげましたが、普段の様子をみて、良いと思うものを選んでください。

プレゼントを贈るタイミングは?

プレゼントを贈るタイミングについては、送別会を開催するのであればその時に贈るとよいでしょう。

送別会の流れの中では、全体の中盤あたりがよいのではないでしょうか。

場も温まったころに、拍手とともに送別のプレゼントを贈るとよいかと思います。

送別会ではお酒が入ることが多いので、終わり際ではタイミングを逃してしまう可能性があります。

ただ、プレゼントが大きな荷物になるような場合には、送別会前か後に日を改めて贈るということもよいでしょう。

送別会の場はそれとして、勤務の最終日の挨拶の時に、花束を添えて贈るという場合もあります。

その事務所として、慣例的にどうしているか、もしわかる人が近くにいるのであれば聞いてみてもよいでしょう。

目安の5000円を超えても大丈夫?

ここまで紹介したプレゼントは、いずれも5000円以内おさまるものです。

ですが、送別会の意味合いによっては必ずしも5000円におさめる必要はありません。

ただ、あまりに高価なものになってしまうと贈られる側にとっては少し負担になる場合がありますので、贈る相手に配慮した価格設定としてください。

イメージとしては、高くても1万円以内におさめるイメージです。

贈る側の人数にもよりますが、多い場合にはグループごとに贈り物をするなど、一つあたりの金額を抑えるというような工夫するとよいですね。

年代に応じて、喜ばれるものが違いますし、使いたいと思うものも違うでしょう。

プレゼントを贈るときには、同年代の方の意見もききつつ、内容を決めるとよいですね。

コメント