卒業祝いのメッセージをカードに一言書く時の例文は?カードを手作りするなら?

ArtsyBee / Pixabay

スポンサーリンク

高校の卒業祝いはどんな風に書けばいい?

高校の卒業式は学校で行う最後の一大行事になりますので、大切な日にお祝いを贈りたいと思う人が多くいるようです。

卒業祝いを用意する時には、進学先、就職先が決まっていて希望した所に進む事が出来たのかを前もって確認するようにします。

希望していない大学への進学や就職は、本人にとってあまりうれしい事ではありませんので内容に注意が必要になります。

先輩へ贈る場合は、エピソードや楽しかった事部活での出来事などを相手思い出しながら内容を考えると思いが伝わりやすくなります。

友達へ贈る場合は、今までの楽しかったことや感謝の気持ちとこれからも友達でいたいという思いを伝えるようにします。

これまでに一緒に過ごした時間を振り返りながら、心を込めて書く事で自分の思いを上手に相手に伝える事が出来ます。

メッセージカードは小さなところの書く為、手紙のように長くならないようにする事が基本になります。

スポンサーリンク

卒業祝いの例文にはどんなものがあるの?

大学や短大に進学する人への例文では、高校卒業おめでとう!もうすぐ新しい生活がはじまりますが、自分の選んだ道を自分らしく進んで行って下さい。

卒業おめでとう!旅立ちの春に高校時代での頑張りを忘れる事無く未来へ向かって羽ばたいて下さい。

これからは別々の道に進む事になりあまり会う事が出来なくなりますが、お互いの夢に向かって頑張れればいいですね!

遠くの大学に進学が決まり不安が多くあると思いますが、新生活に早くなれ楽しく過ごして下さいなどがあります。

就職が決まった人への例文では、高校卒業おめでとう!春から社会人になりますが無理をせずに新しい生活を一歩一歩進んで行ってください。

高校卒業おめでとう!社会人として厳しい事が多くあると思いますが、初心を忘れる事無く頑張って下さい。

卒業おめでとう!はじめての一人暮らしに不安が多くあると思いますが、健康に気をつけて過ごして下さいなどがあります。

一言の卒業祝いにはどんなものがあるの?

一言で伝えるメッセージには自分の思いを自分の言葉で伝える物と、英語のフレーズや四字熟語で表現して伝える物などが豊富にあります。

先輩へ贈る一言では、社会人になってからもかわらずにいて下さいや大学に行っても私たちの事を忘れないで下さいなどがあります。

同級生へ贈る一言では、新しい大学でも頑張って下さいや社会人になるあなたを応援していますなどがあります。
英語のフレーズでは、Congrats graduate!の卒業おめでとう!やThank you everythingの今までありがとうございましたなどがあります。

四字熟語で表現する場合は、一期一会の全ての出会いを大切にという意味があるものや切磋琢磨の仲間と共に高みを目指せの意味があるものがあります。

他には一意専念の君ならトップを取れるや、初志貫徹の決してぶれない軸を持てなどがあります。

一人一人の個性に合わせて選ぶ四字熟語は色んな意味を知る事が出来、相手に思いを伝える事も出来ます。

メッセージカードの種類とカードを手作りするには?

メッセージカードには可愛いデザインの物も多く、文房具店、雑貨屋、本屋などで購入する事が出来ます。

100円程度の簡単な物から音楽や香りが飛び出す仕掛けなどあり、贈る側が選ぶ楽しみを味わう事も出来ます。

ワンコインで購入出来る物が多くありますので、贈る側もあまり負担にならず贈る相手を喜ばせてあげる事が出来ます。

カードを手作りする時に必要なものは、厚紙、画用紙などの様々な素材の紙とマスキングテープ、刺繍糸、ボタン、リボン、ポプリ、ドライフラワーになります。

紙を切って貼るだけで出来るメッセージカードでは、2色以上の紙を用意して好きな形に切ってメッセージを書きます。

マスキングテープを使って作るメッセージカードでは、テープを貼るだけで独特のデザインになり面白味も増します。

手の込んだものでは、刺繍糸を紙に直接縫い付けたメッセージカードやボタンを糸で縫い付けフェルトや布などを使って作ります。

コメント