アイシャドウの塗り方で下まぶたってどうやるの?ピンクやブラウンを使って塗ってもいい?

kinkate / Pixabay

スポンサーリンク

奥二重さん必見!ブラウンやピンクのアイシャドウを使った塗り方

お化粧についてお悩みの女性は多いかと思います><

一重、奥二重、二重・・・皆さんそれぞれ違いますから、自分に合うお化粧をしたいですよね。

今回はアイシャドウを中心にメイクについてお話してまいりましょう★

まず、奥二重さんのアイシャドウを使ったメイク方法について。

化粧映えしにくい、アイシャドウもヨレやすい・・・などのお困りの声がたくさんの奥二重さん。

でも皆さん安心してくださいね^^

奥二重さんでもアイシャドウ次第でパッチリお目目に変身できるんですよ(*^▽^*)

おすすめカラーは、実はピンク系なんです。

ピンク系って腫れぼったく見えちゃうから敬遠している方も多いかと思いますが、奥二重さんの愛らしい瞳には、華やかさや穏やかさを演出できるピンク系がピッタリなんですね^^

ポイントとしては、上まぶたのくぼみへピンクのシャドウをのせること。

これで腫れぼったくなることも防げるんです^^

また、アイラインもポイントとなります。

奥二重の隙間を黒く塗りすぎないようにして極細にラインを引いてあげるとさらにGoodです♪

最後に眼がしらにハイライトをのせましょう。

これでピュアなピンクメイクの完成です^^

次に、ブラウンのアイシャドウも奥二重さんにはおすすめ!

アイホールには、ご自身の肌の色に近い薄めのブラウンを、二重の部分にはそれよりも濃く明るめブラウンをのせると、メリハリのあるパッチリメイクができます^^

あまり濃すぎるブラウンを使うと、二重の幅を消してしまうことになるので、注意しましょう。

他にも、アイホールに薄いブラウンをのせたあとには、淡いブルー、ピンク、グリーンといった色をのせてもいつもと違った印象でかわいらしいお目目に仕上がりますよ★

旬のカラーも使って、奥二重さんもメイクを楽しみましょう!

スポンサーリンク

広め二重さんもナチュラルメイクに挑戦!アイシャドウの塗り方

広め二重さんは、化粧映えしやすく、けばくなってしまうことがお悩みの方もいらっしゃいますよね><

そこで、広め二重さんでもナチュラルに仕上げられるアイシャドウのポイントを解説したいと思います!

ポイントとしては、アイシャドウの締め色は、黒目の上からポンポンとのせていくことです!

こうすれば、目頭がふくらんで見えるため、末広二重でお悩みの方も、バランスの取れた二重幅になるので、どのアイシャドウの色でも締め色ののせ方できれいなメイクの仕上がりになりますよ♪

また、その締め色をぼかすこともポイントのひとつ!

グラデーションをまぶたで作って、さらにきれいめメイクを完成させちゃいましょう!

メイクの順番としては、アイホール全体→二重幅→締め色の順にアイシャドウをのせ、最後にグラデーションを作るということ♪

では、広め二重さんのナチュラルメイクには、どの色のアイシャドウを使用すればいいのでしょうか?

まずは、王道のブラウン系^^

ブラウンは落ち着いた発色で、派手に見られがちな二重さんでもナチュラルさを演出できます♪

これに自然な太さの眉毛×マットリップで、ナチュラルでアンニュイなメイクが完成しますよ★

次に、オレンジのアイシャドウもおすすめ^^

オレンジはカジュアルな洋服とも合わせやすく、実は使い勝手の良い色で、ナチュラルで元気なイメージがあるとも言われてるんですよ♪

オレンジアイシャドウののせ方としては、まぶた全体にうすく伸ばしてから二重幅に重ね付けするだけ!

ナチュラルメイクと言うと、ブラウン系を想像することが多いですが、オレンジはメイク方法も簡単なので、こちらも試してみてくださいね^^

初心者一重さんにおすすめのアイシャドウの塗り方!定番ブラウンや敬遠しがちなピンクのアイシャドウも味方に!

一重さん・・・たくさんお悩みありますよね(T_T)

私も一重なのでわかります><

化粧映えしにくいし色によっては膨張してしまうし・・・、特に初心者さんは難しく感じてメイクを敬遠してしまっていませんか?

そんな初心者一重さんでも、アイシャドウを押さえておけば、メイクも楽しくきれいに仕上げることができますよ!!

まず、初心者さんにはパウダータイプのアイシャドウをおすすめいたします。

ペンシルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプと、アイシャドウにもさまざまな種類がありますが、一番スタンダードで使いやすいパウダータイプは、メイク初心者からベテランの方まで幅広く使われていますよ♪

商品によっては、詳しく塗り方を書いてくれてたり、どの色をどこで使うかも書いてくれてたりします^^

一重さんの基本のアイシャドウの塗り方のポイントとしては、まぶた全体にのせないことなんです!

うすい色をアイホールにのせる場合はいいんですが、目を大きく見せたい一重さんがやりがちなメイクとして、アイシャドウの締め色を広くのせてしまうといったことがありますが、これは残念ながら間違いなんですね。

パッチリお目目に見せたいときは、アイラインよりも少しはみ出るくらいの締め色アイシャドウをのせる方が化粧映えするんだとか。

では基本がわかったところで、初心者一重さんにアイシャドウの塗り方を伝授したいと思います!

ここでは、定番のブラウンと敬遠しがちなピンクを使用します。

方法としては簡単!

二重幅を作りたい部分にピンク系のアイシャドウをのせていきます。

アイラインからはみ出るくらいでのせたら、ブラウン系のアイシャドウをその上にのせ、ぼかしてグラデーションを作っていきます。

ピンク系を締め色として使用しており、広く塗らないので、腫れぼったく見える心配もありませんし、ブラウンとのグラデーションできれいめな目元が出来上がりますよ★

また、下まぶたに赤み系のアイシャドウやチークを涙袋近くに少しのせると、奥行きがあり大きな瞳を演出することができると言われています。

ラメ系のシャドウを下まぶたに少しオンするのもいいと思います。

ラメ系も実は腫れぼったく見せてしまうことがあるので、ポイントメイクとして使用すると良いでしょう^^

初心者一重さんもポイントを押さえればメイクは簡単です!

メイクを楽しみましょう♪

下まぶたにつけたアイシャドウがにじむ!原因と対策は?

アイシャドウは上まぶただけでなく、下まぶたにも使用することで、さらに魅力的な目元を演出できるのですが、下まぶたにアイシャドウをのせると、ヨレてにじんでしまうといったお悩みも多く出てきます。

何故下まぶたに塗ったアイシャドウはにじんでしまうのでしょうか?

原因として考えられるのは3つ。

1つ目は、目の下の油分。

目の下に元々ある皮脂だけでなく、メイクをしているので、ベースメイクの油分、アイライナーやマスカラ、もちろんアイシャドウの油分も、下まぶたメイクのにじみにつながってしまっているんです。

2つ目は、目元の摩擦。

こちらは容易に想像できると思いますが、目元をこすってしまったり掻いてしまったりすると、目元で摩擦が起こり、メイクもこすれて落ちてしまいます。

花粉症やアレルギーのある方、ドライアイでお悩みの方は、特に目元をこすってしまわないよう注意したいところ。

3つ目は、肌の乾燥。

先ほど油分が原因であると説明しましたが、肌の乾燥もメイクのにじみに関係しているんですね。

肌が乾燥しているということは、ファンデーションやアイシャドウなどと肌との密着度が下がり、メイクが剥がれて落ちやすくなってしまっているんです。

まぶたも乾燥していると、まぶたに塗ったアイシャドウやアイライナーが落ちてしまい、目元のメイクが崩れてしまうんですね。

では、原因がわかったところで、どのように対策すれば目元メイクはにじまないのでしょうか?

まずは、顔全体をしっかり保湿しておくこと!

肌の乾燥を防ぐだけでなく、油分が出ることも抑えてくれますよ。

実は、肌が乾燥していると皮脂も出やすくなってしまい、油分につながってしまうんです。

乾燥しているからといって油分がまったくないという状態ではないんですね。

なので、しっかり保湿して乾燥を防ぐと、それは油分の発生も防いでくれるということになります^^

次に、アイメイクの順番を見直してみましょう!

アイラインをしてからアイシャドウを塗ると、アイシャドウ→アイラインの順よりかは、アイラインの油分や摩擦を防ぐことができます。

アイラインもきれいにぼかすことができるので、一石二鳥ですよ★

最後に、油分を抑えるアイテムも使ってみましょう!

それは、ベビーパウダーです♪

ベビーパウダーは、余分な油分を吸い取ってくれる働きがあるので、ベースメイクをしてアイメイクに進む前に、まぶた全体にまぶしておきましょう^^

これらのようにしっかり対策をして、メイクのヨレを防ぎましょうね♪

下まぶたにもアイシャドウを!おすすめの色や塗り方をご紹介!

下まぶたのヨレの原因や対策についてお話してまいりましたが、最後に下まぶたにおすすめなアイシャドウも紹介したいと思います^^

皆さん、下まぶたのメイク、おろそかにしていませんか?

実は、目を大きく見せるには、下まぶたのメイクも重要なんですよ♪

また、目を大きく見せるためだけでなく、表情を明るくしたり、クマ・くすみをカバーしてくれたり、ぷっくり涙袋を演出してくれたり、下まぶたにアイシャドウをすることで良いことがたくさんあるんです!

まず、ナチュラルな仕上がりを目指したい方には、ピンク系がおすすめ♪

上まぶたに塗ると腫れぼったくなりがちですが、下まぶたに腫れぼったいなど関係ありません!^^

ラメの入ったピンク系だと、うるっとした瞳も演出できますよ♪

次に、ナチュラルにもゴージャスにもなれるゴールド系やシルバー系もおすすめ☆

ゴールドは肌なじみもよく、シルバーは上品さも兼ね備えているので、ナチュラルにもゴージャスにも演出可能だと思います^^

最後に、パープルのアイシャドウも実はおすすめ!

パープル系はあまり使わないなぁという方、下まぶたにオンしてみてください^^

パープルは、くすみやクマをとばしてくれる色味で、透明感のあるメイクに仕上がります♪

自分の二重幅によって仕上がり方も違うかもしれませんが、大切なことはメイクを楽しむこと!

場面にあったメイクで、アイシャドウもにじまないよう、メイクを楽しんでくださいね!!

コメント