マルセイユ石鹸の偽物はどこで見分ける?ダイソーや100均のものは大丈夫?

ちまたで人気商品の口コミ情報
Free-Photos / Pixabay

Free-Photos / Pixabay

人気のマルセイユ石鹼は、ダイソー・セリア・キャンドゥなどの100均でも買える?

マルセイユ石鹸とは、フランス王室が認めた品質の高さから『王家の石鹸』とも呼ばれる、長きに渡って世界的に愛されている有名な石鹸です。

無着色・無防腐剤・100%天然植物なので、肌に悩みを持つ方々が愛用しています。

マルセイユ石鹼の歴史は、17世紀に遡ります。

フランス地中海沿岸のマルセイユ地方では、オリーブ油が特産でした。

そこで、それを原料とする石鹸が盛んに製造されていましたが、それ故に短期間で作ろうと粗悪な脂を混ぜた石鹸が多く出回る様になってしまいました。

そこで当時の国王であるルイ14世が、1688年に厳しい製造基準を設けて作られたのがマルセイユ石鹸です。

ここまで聞くと高そうなイメージを受けると思いますが、今は100均でも買えます。

(調べてみると、特にダイソーでの取り扱いがヒットします。)

しかし、品質的にどうなのか気になりますよね。

次項で詳しく説明します。

100均のマルセイユ石鹼は偽物?成分の違いはある?

1992年時点では、24のフランス企業によって月平均3000トン以上のマルセイユ方式の石鹸が作られています。

そのうち、下記の5つの会社で総生産量の30%以上を占めています。

マリウス・ファーブル・ジューン社/シミオテクニック社/サボヌリー・ランパル・バトゥ社/サボヌリー・デュ・ミディ社/サボヌリー・デュ・セライユ社

マルセイユ石鹼メーカーの代名詞と言われているマリウス・ファーブル・ジューン社のマルセイユ石鹼は、楽天市場では【オリーブ(100g)】で500円前後の値段です。

そんな石鹸がダイソーで108円で手に入るのですから、質を疑うのは当然だと思います。

ダイソーのマルセイユ石鹼は、上記の5社の内の1社であるサボヌリー・デュ・ミディ社で製造されているマルセイユ石鹼です。

しかし成分の違いはあるらしく、口コミを見てみると安息香酸ナトリウムという保存料が気になる方が多い様です。

単に洗顔に使うだけなら気にしなくて良いかもしれませんが、マルセイユ石鹼は様々な使い方が出来る石鹸です。

成分に拘るなら、ダイソーの物は止めておきましょう。

マルセイユ石鹼はニキビに効果的?

オリーブオイルの石鹸は肌荒れに効果的と言われていますが、肌質によって向き不向きがハッキリ分かれるとも言われています。

なので、万人に効果的とは言えません。

簡単に説明すると、下記の様になります。

○皮脂の分泌が少ない人 △皮脂は出ているのに乾燥するというインナードライの人 ×ニキビ肌の人

オリーブオイルの主原料はオレイン酸なのですが、そのオレイン酸はニキビの原因であるアクネ菌の大好物です。

ニキビの原因や肌質は千差万別なので、同じニキビ肌の人でも『治った!』という人と『悪化した・・。』という人が居る様です。

自分の肌質や肌荒れの原因を知ってから、使うのをオススメします。

マルセイユ石鹼は使い方いろいろ!口コミも紹介!

マルセイユ石鹼の使い方の一部を紹介します。

①顔を洗う

最もポピュラーな使い方です。

肌荒れが一番気になるのはやはり顔でしょうから、この使い方が一番オススメです。

②体を洗う

オリーブオイルには保湿効果があるので、お風呂上りに乾燥が気になりやすい体を洗うのもオススメです。

③髪を洗う

マルセイユ石鹼でシャンプー→お酢やカボス果汁(クエン酸)でリンス→ココナッツオイルでアウトバストリートメントがオススメです。

最終的に滑らかな指通りを感じている人が多いですが、すすぐ時に軋みを感じて流しにくいという人も多いです。

④洗濯物を洗う

マルセイユ石鹸は、洗濯石鹸として作られた物だそうです。

なので、洗濯にも使えます。

汚れている部分に直接擦り付けた後で洗濯機で洗うと、綺麗に汚れが落ちます。

①~③の使い方に共通しているのは、『泡立ちにくい・・。』という口コミです。

なので、泡立てネットを使うのが良いでしょう。

あと、『匂いが苦手・・。』という口コミです。

ダイソーのマルセイユ石鹼はジャスミン・ローズ・ハニー・オリーブの4種類があるので好きな香りを選べますが、本場のマルセイユ石鹼は基本的にオリーブとパームのみです。

なので、独特の匂いがします。

マルセイユ石鹼を取り扱っている店舗~東京・大阪~

成分に拘らないのであれば、安価で手っ取り早く手に入るダイソーで買うのが良いでしょう。

店舗によって商品の違いはありますが、大型店なら比較的手に入りやすいです。

●東京の主な大型店

・アルカキット錦糸町店

・亀有リリオ店

・フレスポ若葉台店

・足立ひとつや店(2階)

・LaLaガーデン赤羽店(5階)

●大阪の主な大型店

・イズミヤ泉佐野店(2階)

・八尾南店

・新大阪店

・アルザ泉大津店(4階)

・泉大津松之浜店

成分に拘りたい方はマルセイユ石鹸の本場であるフランスの店舗で買うのが確実ですが、流石に簡単にフランスには行けませんよね。

今は便利な世の中なので、ネットで購入しましょう。

楽天市場やAmazonなどで、500円前後から購入出来ます。

コメント