感熱紙が消える原因は?どれぐらいの期間で消えるの?復活することはできる? | 役に立ついいね!情報サイト

感熱紙が消える原因は?どれぐらいの期間で消えるの?復活することはできる?

スポンサーリンク

感熱紙から文字が消える原因とは

皆さん、感熱紙ってご存知でしょうか?

感熱紙とは、鈍い光沢があしらわれ、熱の化学反応によって変色するものを塗った面に印刷していく紙で、主にレシートやファックスなどの印刷に用いられるものです。

感熱紙には消費期限が定められており、期限内に使用しなかった場合、その紙は黄ばんだり印字が上手くできなかったりすることもあります。

また、印字後の長期保管も不向きで、印字が消えてしまったりすることも多々あります。

皆さんももしかしたら見たことがあるかもしれませんが、昔のレシートがひょっこり出て来てそれを見てみると、文字が消えていて何を買ったかわからなかった、という経験、ありませんか?

それでは何故感熱紙から文字が消えるのでしょうか?

それは、光や熱、水分、油、アルコール、薬品など、たくさんの原因があるのだと考えられています。

逆に言うと、感熱紙の最適な保管場所は、空気が乾燥していて冷暗所であるところなんですが、それ以外のところに置いておくと、印字した文字は消えていく傾向にあると言えるでしょう。

まず、レシートを財布の中にずっと保管していた場合。

財布をズボンのポケットに入れておくと、体温で熱が、汗で湿気が伝わり、また財布の革に含まれた薬品によって消える可能性があります。

ポケットに入れてなくても、車に置いておいた財布に日光が当たり温度が上がることで熱を加えているため、レシートの保管場所としては良くないと言えますね。

また、お菓子を食べた手でレシートを触ることで、油を付着させたとも言えますし、お菓子を食べていなくても元々手についている皮脂によって油が付着するとも言えますね。

このように、感熱紙は空気が乾燥している冷暗所で保存しなければ、光や熱、水分や油、アルコール、薬品などに触れてしまい、印字も消えてしまうということになるんですね。

感熱紙の印字を消したくない場合は、なるべく感熱紙には触れず、最適な場所で保管しましょう。

スポンサーリンク

どのくらいの期間で感熱紙の文字は消えるの?

どのくらいの期間で感熱紙に印字された文字は消えるのでしょうか?

基本的に、感熱紙は消費期限もあるくらいですから長期保存には向いていませんが、最近では10年間保存できるよう改良されているとも聞きます。

ただ、感熱紙を保存する環境にもよって印字された文字が消える期間も変わってくるため、一概にどのくらいの期間で消えるとは言い難いのが現状です><

目安として、3年から最長で10年くらいだと思います。

それぞれの感熱紙によって消費期限も違い、感熱紙が高級であればあるほど消費期限も長く、印字も消えにくいように作られているそうです。

ちなみに、コストの関係上、コンビニやスーパーマーケットのレシートに使用されている感熱紙に関しては、およそ3~5年ほどもつと言われていますよ。

感熱紙の消えた文字を復活させる方法

感熱紙に印字した文字を復活させることはできるのでしょうか?

結論から申しますと、残念ながら、感熱紙に印字した文字は、一度消失してしまうとよみがえらせることはできません。

ただ、「消えかけの状態」であれば、原本の修復は無理でも、復活させることはできます。

そえは、印刷することです。

レシートで説明していきましょう。

まず、モノクロでコピーをします。

このとき、コントラストを最大で設定して印刷すると、機械が薄くなった文字も拾ってくれるため、消えかけた文字も読める状態まで復活させることが可能です。

これだけでもほぼ読める状態にまで持っていけると思いますが、それでも読める状態にできなかった場合は、次にスキャナー機能を用いて復活させていきます。

画像をスキャンするコピー機もありますので、レシートをスキャンして画像としてパソコンに保存し、画像処理ソフトを用いて色の濃淡を調整し、読める状態まで持っていきます。

おうちにコピー機のある方はこれらの方法で読める状態のレシートを復活させることが可能ですし、おうちになくてもコンビニのコピー機を使ったりファックスのコピー機能を使ってコピーしたりして読めるくらいの文字を復活させることができるでしょう。

すべてにおいてポイントは、コントラスト、いわゆる色の濃淡を最大に設定することです。

感熱紙タイプのレシートの保存方法!これで保管しておくと間違いなし♪

感熱紙タイプのレシート、どのように保存すれば文字が消えることはないのでしょうか?

感熱紙に印字された文字が消えてしまうことを防ぐことは・・・実際不可能だと思います><

空気が乾燥している冷暗所に保管し続けていても、空気中にある水分に触れて文字が薄くなってしまう可能性も考えられ、また感熱紙自体の消費期限から状態が悪くなっていくことも考えられるため、必ずしも文字が消えないということは言えないからなんですね。

極力レシートの文字が消えないようにして長く文字が書かれた状態にしておく方法としては、印字面を内側に折り、レシート同士が重ならないようにして空気の乾燥している冷暗所に保管する方法があります。

ただ、やはりこれだけでは不安だ・・・という方におすすめの方法があります。

それは、もはやレシート自体を保存するという概念を捨てて、レシートをスキャンして画像としてパソコンに保管するという方法です!

画像としてパソコンに保存しておけば、いつでも必要なときに印刷して持ち出せばOK!

それに、画像を削除しない限り、印字された文字は消えることはありませんから^^

スキャナーやスキャン機能付きコピー機がない方は、カメラで撮影して保存しておくのも一つの手段ですね。

しかし、経費の計上を行うための保存であれば、レシートも必要となることがありますので、レシートは捨てずに別で保管しながら、文字が消えてもいいように画像処理でパソコンに保管しておくという考えておこなってくださいね^^

コメント