アボカドの切り方でスライスや角切りにしておしゃれに盛り付けるには?固くて変色してしまったら?

スポンサーリンク

アボカドの切り方~スライス編~

皆さん、森のバターと呼ばれているアボカド、たくさん食べていますか?^^

栄養満点で健康にも美容にも良いと言われているこのアボカド、サラダやお刺身、グラタンにしても美味しいですよね♪

しかし・・・皮はどのようにしてむけばいいのか、種はちゃんと取り除けるのか、どんな切り方があるのかなど、気になることがたくさん・・・。

そこで今回は、アボカドの切り方についてを中心にお話してまいりましょう!!

まずは、スライスの方法から♪

はじめに、アボカドを縦半分に持ち、真ん中に包丁でぐるっと切り込みを入れましょう。

次に、切り込みの両側を両手で持って、ねじってみてください。

すると、切り込みから半分に切れます^^

それから種を除去しますが、ここでは包丁の扱いに注意しながらおこなってください><

包丁の持ち手に近い角の部分を種に突き刺し、少しひねると、種がきれいにとれますよ^^

最後に、皮を手でむき、作りたい料理に合ったお好みの厚さにスライスしてください。

先ほども申しましたが、包丁の扱いには十分お気を付けてくださいね★

スポンサーリンク

アボカドの切り方~四角・角切り編~

次に、四角に角切りする方法をご紹介します^^

まず、種を取るまではスライスの方法と同じです。

皮はむかずにそのままアボカドの実に格子状の切れ目を入れます。

最後に皮をめくるイメージでむきながら丁寧に実をはずしてください。

先に皮をむくよりこちらの方法の方がきれいに切ることができますよ(*^▽^*)

コブサラダなんかはこの切り方がおすすめですね♪

アボカドの切り方~おしゃれ編~

次に、おしゃれなアボカドの切り方もご紹介していきましょう^^

おしゃれな切り方としては2つありますので、順番に紹介しますね♪

【1】輪切り

いつもはスライスや角切りで飽きてませんか?

そんなときはアボカドの形をそのまま利用しておしゃれに切ってみましょう♪

まず、アボカドの皮はむかず、真ん中に切り込みもいれず、そのまま輪切りにしてください。

輪切りで進んでいくと、種の部分に行きあたりますよね。

種の部分は慎重に、種に沿いながら切り込みを入れていきましょう。

種の部分がむき出しになったら、包丁の手持ち側の角を種に差しこみ、ひねりながら種を取り除きましょう。

そして、最後まで輪切りにし、仕上げに皮をむいて、アボカドの輪切りが完成です!

そのままサラダにしてもよし、真ん中の空洞に卵とチーズを入れて焼いてもよしですよ★

【2】アボカドローズ

基本のスライスから盛り付け次第でローズのように華やかなアボカドができますよ♪

切り方は、スライス方法と同じですが、アボカドの厚さは薄めにしておきましょう。

そして、アボカドを横一列に並べ、端を中心にしてクルクル巻き込んでいくだけ!

上から見ると、お花のようにきれいに仕上がりますよ(*^^*)

はじめは難しいかもしれませんが、くずさないように慎重に丁寧にを心掛けてやっていくと、慣れるとすぐにできるようになると思います^^

ホームパーティや特別な日の盛り付けでやってみてはいかがでしょうか♪

アボカドを切ると固かった!固くて切れない!どうすれば柔らかくなるの?

「アボカドが固くて切れない・・・」「切ってみたけど固くて食べられるの?」などの経験をされた方、結構多くいらっしゃると思います><

せっかく買ったアボカド、美味しく食べたいですよね(;^_^A

そこで、固いアボカドを柔らかくする方法をご紹介していきましょう★

【1】りんごやバナナと一緒に保存する

りんごやバナナから出るエチレンガスがアボカドを柔らかくしてくれると言われています^^

したがって、固くて食べられないアボカドは、りんごやバナナと一緒に保存しましょう★

【2】加熱したりあたたかい場所で保存する

アボカドは少し加熱することで柔らかくなります。

また、冷蔵庫の野菜室で保存するより25度くらいの温度で保存する方がちょうどいい硬さになると言われているため、少しあたたかみのあるところで保存する方がいいとされています^^

加熱するときは電子レンジで少しずつ様子を見ながら、あたたかい場所で保存するときは冷蔵庫の上が25度くらいなので置いてみたり日当たりの良いところに置いてみたりと、試してみてください★

【3】新聞紙やアルミホイルに包む

新聞紙やアルミホイルに包んで保管すると、通常より早めに柔らかくなると言われています。

アボカドを切ったあとでも、アルミホイルに包んでおくことで、変色を防ぐこともできるそうです。

さて、これらの方法で固かったアボカドを柔らかくする方法を紹介しましたが、逆転の発想で、固いアボカドを調理して美味しく食べる方法をとってみてはいかがでしょうか♪

例えば、トーストにアボカドとチーズをのせ、マヨネーズをかけてからトースターで焼く!

これだと、固いアボカドも加熱されてちょうどいい柔らかさで美味しいトーストも食べることができますよ★

このように調理することで固いアボカドも美味しく食べることができるので、固いアボカドでも諦めずに食べられるようにしましょう!!



アボカドの切り方で変色しないようにするには?

アボカドで気になる点と言えば、変色してしまうことではないでしょうか?

一度切ったアボカドは、時間が経過するにつれて茶色に変色することが多いです。

料理は見た目も大事。

そこで、アボカドが変色してしまわないような方法もご紹介していきますね!!

【1】レモン汁やお酢、オリーブオイルを塗る

アボカドにレモン汁を塗ることで変色を防ぐことができます^^

お酢やオリーブオイルでも効果は同じと言われているので、カットした部分に塗り、保存容器に入れるかカットした部分をラップで包むかして冷蔵庫に入れて保存すると良いでしょう♪

【2】たまねぎと一緒に保存する

たまねぎもアボカドが茶色になるのを防いでくれると言われています。

小さく切った玉ねぎをタッパーなどの保存容器に入れ、そこにアボカドも一緒に入れて密閉し、冷蔵庫に保存するとOKです★

【3】電子レンジでチンする

これまで紹介した材料がない場合、電子レンジで加熱する方法もあるんですよ!

500w~600wで10~20秒の短い時間ですが、ラップをせずにそのまま加熱するだけで変色を防ぐことができると言われています。

アボカドの変色を防いで、皆さんがより美味しくアボカドを召し上がることができますように・・・(*^▽^*)

コメント