コストコのペーパータオルって毛羽立ちはどうなの?使い方や値段は実際問題お得なの?

コストコのペーパータオルが優秀と言われているのは何故?使い方や再利用方法、毛羽立ちについても解説!

皆さん、コストコに行ったことありますか?

コストコとは、アメリカから始まった大型の倉庫型スーパーで、食品や家電、お薬、日用品などなどが低価格で、そして何より大量にゲットできるところ。

今回はそのコストコで人気のペーパータオルについて詳しくご説明したいと思います♪

まず、コストコで買えるペーパータオルが何故人気なのか、何故優秀だと言われているのかを解説しましょう^^

それは、従来使っているペーパータオルよりもはるかに丈夫で、どんな用途にも使えるといったことからなんです♪

夕食の調理の際、野菜や豆腐の水切りで、今までなら2~3枚のペーパータオルを使用していたところが、コストコのペーパータオルだと1枚で済んだとの声も^^

また、夕食の前に机を拭く際や床の拭き掃除をする際、洗い終わったお皿を拭く際、除光液を使ってネイルを落とす際、洗車の際などなど、使い勝手が良いですよ★

さらに、1度だけでなく、洗って乾燥させて2~3度再利用するという方がいるほど、コストコのペーパータオルは丈夫なんだとか!

実は、水に溶けにくくできているため、水洗トイレには流さないようにとの注意事項があるくらい、強度も強いんですね^^

その分、いつも使っているものよりかは、少し値段が高いのが本当のところですが、1枚で使えて再利用できるほど丈夫な点や一度に大量に入手できる点などを考慮すると、それだけのお値段でも十分納得できるかと思います!

料理、掃除など、あらゆる場面で活用できるペーパータオル、一度購入を検討してみてはいかがでしょうか^^

また、毛羽立ちや強度など、実際問題なく使えるのかと言うと・・・。

無理に引っ張ったり破いたり不必要な力を入れない限りはもちろん使用できます!

再利用については、衛生面や耐久性を考えると、多くても3度くらいまでが良いと思います。

食器を洗ったあと、ペーパータオルで水滴を拭き、軽く絞ったあとに台拭きとして利用し、最後にコンロ周りの拭き取り掃除に使って捨てるくらいの流れでうちでは利用しています^^

毛羽立ちもそこまで目立ちませんし、再利用も3度くらいまでなら毛羽立ってくることもありません♪

しかしながら、注意が必要なのは、ペーパータオルに柄が入っているものです。

色付きでお花などのデザインが入っているペーパータオルも販売されており、こちらの色が食材に移ってしまったりといった問題もあります。

デザインのプリントされた側は食材に触れないようにすれば問題ありませんが、気を付けて使用した方が良いと思います。

キッチンペーパーの値段は?

さて、チラッと先述しましたが、普段お使いのペーパータオルに比べると、少し値が張るコストコのペーパータオル。

実際はいくらなんでしょうか?

人気のペーパータオル2種類について見ていきましょう!

① カークランドのペーパータオル

12ロールが1セットとなっており、2,600円前後で購入可能です。

もう1種類のペーパータオルに比べると薄いですが、その分ペーパーの枚数が多く、コストコで売られているペーパータオルの中では一番安価なものです。

丈夫さは日本製よりはるかに◎!

使い勝手も良いですよ。

② バウンティキッチンのペーパータオル

こちらも12ロールが1セットとなっており、3,300円前後で購入できます。

カークランドのものと比べると、手触りは柔らかいのに厚みがあり、花などの柄も入りデザイン性もあるペーパータオルとなっています。

カークランド同様、日本製のものとは比べ物にならないほど丈夫で吸水性もあると言われています^^

2種類の人気のあるペーパータオルの値段と製品の特長について紹介しましたが、値段については時期やセールなどで変動する場合がありますので、ご参考程度にm(_ _”m)

ペーパータオルホルダーもコストコで購入できる?

コストコで買えるペーパータオルのサイズとしては、多くは日本製のものより大きく、置き場所に困るといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、同じくコストコで購入可能なキッチンペーパーホルダーもご紹介したいと思います♪

それは、「OXO ステンレス製 ペーパータオルホルダー」です!^^

3,000円ほどで購入でき、サイズは17cm×17cm×33cm、重さも1kgないくらいです。

軽いので倒れないか、きちんとペーパータオルを固定してくれるか心配になるかもしれませんが、皆さんご安心ください^^

底の面が重量感のあるステンレスでできているため、安定してペーパータオルを固定し使いやすくしてくれますよ♪

また、片手で簡単にペーパータオルを切り取ることができるので、料理中に片手がふさがっていても使いやすそうですね^^

こちらも合わせて検討してみてくださいね★

カークランドとバウンティならどっちがおすすめ?

先ほど紹介した2種類のペーパータオル、どちらを買えばいいのかわからないという方もいるかと存じます。

安くて多く使えるカークランドにするか、少し高いけど質の良いバウンティにするか、どちらにせよ買うとしたら3,000円かかるお買い物なので、迷ってしまいますよね><

どちらも丈夫でおすすめですし用途としてもそう変わらないので、本当に個々の考え方によると思います。

コストと量を重視するならカークランドのものを、質が良くデザイン性もあることを重視するならバウンティのものを選択すればいいと思います^^

また、普段使いにカークランドのものを、セール中にバウンティが割引対象になっていればバウンティを購入するといった流れでもいいと思いますよ♪

そこでバウンティを気に入れば今後はバウンティを優先して買うといいですし、やっぱりたくさん使えて安価なカークランドが好みならカークランドを常にそろえておくというのもいいと思います^^

ただ、購入するとなると12ロール入っているため、1度買うと次回買うのはだいぶ先だと思います。

どちらを買うかは使ってみてから決めたい!と考えている方は、お友達とシェア買いしてみてはどうでしょうか^^

お気に入りのペーパータオルが見つかれば幸いです♪

コストコペーパータオルの収納術

ペーパータオルを買ったのはいいけれど、使用するのは1ロールで、あとのペーパータオルをどう収納すればいいのかお悩みの方も多いでしょう。

そこで、最後にコストコのペーパータオル収納術を伝授したいと思います!

まず、カークランドやバウンティのものは12ロール1セットで販売されていますが、1ロールずつ個装されており、衛生面で◎だけでなく、まとめて収納できない場合に個々に分けて収納できるため、この点でも優秀であることがわかります^^

定番の収納としては、クローゼットですよね☆

1枚1枚が丈夫なので1ロール使用するのも時間がかかると思いますので、普段あまり出し入れしない上の方に収納してみてはいかがでしょうか♪

キッチンへの収納も定番だと思います^^

ペーパータオルを料理の際に使用する方も多いため、いつでも取り換えられるキッチンに置いておくと動線もGoodですよね♪

引き出しの空いているスペースや冷蔵庫と食器棚の間のデッドスペースに収納するのも良いでしょう。

このようなデッドスペースに収納する方法としては、突っ張り棒がとっても役に立ちますよ!

突っ張り棒は100均でも購入可能で、長さや色、強度の種類も豊富に販売されています。

コストコのペーパータオル収納にも是非ご活用くださいね!

コメント